情報には稀少性がないからこそ、発信しよう

情報には稀少性がないからこそ、発信しよう

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

先日、大先輩であるFPさんのセミナーに行ってきたのですが、セミナーの中で言われていた言葉がすごく響きました。

情報に稀少性がほとんどない

経済学には、「希少性」という考え方があります。
希少性の意味をWikipediaで見てみると以下の通りです。

希少性(きしょうせい、Scarcity)は、欲望される量に比べて利用可能な量が少ない状態をいう。

引用 Wikipedia 希少性

希少性の考え方は、基本的に僕たちは持っていると思うのですが、水とダイアモンドだったらどっちの方が価値が高いでしょうか?
当然ながら、ダイアモンドですよね。
これはダイアモンドの方が稀少性が高いからですよね。

反対に砂漠のど真ん中であれば、ダイアモンドと水はどっちの方が価値が高いでしょうか?
おそらく、水ですよね。
これは砂漠という環境においては、水の方が稀少性が高いと考えられるからです。

このように環境によって、稀少性は変わってきます。
山の上の水が高いのも希少性によってでしょう。

世の中のほとんどのものには少なからず希少性はあります。
全くの価値がないものだけが希少性のないものと言えます。

例えば、空気などは希少性のない数少ないものの一つです。
空気を買うことはないですよね?
この先、空気汚染などが深刻化していくと、空気の希少性が高まり空気を買う時代が来るかもしれません。

[voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]アメリカかどこかでは、自動販売機で空気を売っているそうですね。[/voice]

このような数少ない希少性のない(少ない)ものの中に、情報が含まれていると思います。

今の時代では情報の価値が少ない

昔と比べると今はインターネットのおかげで簡単に情報を手に入れることができました。

つまり、昔の方が情報の希少性が高かったということですね。
昔はみんなが知らない情報を持っている人の存在価値が高かったわけです。

しかし、今はどうでしょうか?
ほとんどの情報はネットに転がっており、情報の価値が下がりました。
稀少性がなくなってきたということです。

こんな時代に、ノウハウを公開せずに自分のためだけに利用する人の人的価値は下がっていきます。
それこそ、よっぽどの情報を持っていないとムリでしょう。

つまり、情報の価値というのは誰も知らない情報が価値があった時代から、多くの人が知っていくことで情報の希少性が高くなる時代になってきたと言えます。

だったら発信しよう

じゃあ、今の時代は情報をどのように扱えばいいのでしょうか?

簡単です。
情報を発信すればいいだけです。
それだけで、希少性のある情報を多く保有するあなたの人的価値が高くなります。

したがって、人にアドバイスをするような仕事をしている人は大きく2分されます。

  1. 質の高い情報を隠し持つ人
  2. 情報を発信し続け、希少性のある情報を持つ人と認知される人

どちらも素晴らしいですし、さらに素晴らしい人は、質の高い情報を持ち、かつ、情報を発信しています。

僕の尊敬する人たちは、素晴らしい知識や情報、考え方を持ちながら確実に発信し続けています。
おそらく、情報を発信する大切さを知っているから、発信し続けるのでしょう。
僕もそんな尊敬する人たちのようになりたいから、今日できる情報を発信するということを続けます。

今日できないことは明日もできない

人はいつも忙しい生き物です。
暇な日があっても、暇な時間を体感することで忙しいから結局時間なんて、いつも無いんです。

だからこそ、今からするべきなんですよね。
今日できないことはきっと明日もできないんです。

1年なんてあっという間です。
じゃあ、10年もあっという間です。
10年ブログ書いていれば、3650記事です。
あっという間に3650記事です。

そう思えば、毎日記事を書く大切さも楽しさも出てきます。
そんなことを思いながら、今日も記事を書いています。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました