忘れられない本当に素敵な2年間が終わりました

忘れられない本当に素敵な2年間が終わりました

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

昨日から新年度となりましたね。
個人事業主の僕としては、新年度という感覚はあまり持っていませんが、取引先によっては仕事の区切りが年度となったりします。

僕のFP人生に大きな影響を与えた仕事も昨年度で一区切りとなりました。

かけがいのない2年間

この2年間でとある企業様の従業員の方向けにFP相談をさせていただいていました。

僕だけではなく、数人のFPたちとチームになって業務をさせていただいたのですが、件数で言うと、2年間で1万件を超える相談を対応したらしいです。
僕個人だけでも肌感覚としては2000件のご相談を担当させていただいたと思います。

確定拠出年金の相談だけで100件以上

この相談の中には、確定拠出年金制度のご相談もありました。
確定拠出年金だけでも100人以上の方の運用アドバイスをさせていただきましたね。

確定拠出年金の制度上、投資信託を利用するわけですから、結果を出す運用方法というのは限られています。
チャールズ・エリスの敗者のゲームでも言われている事ですが、良い結果を出すためには無駄な事をせず、ミスを減らす事です。

これだけで運用リターンを格段に良くする可能性を高めることができるわけですから、そんなに難しく考える必要もありません。
しかし、多くの人がそれを知らず、自らミスをしていってるんだなということも、ここで知りました。

それどころか、自分のやっていることが正しいかどうかを聞く相手もいないんだという事です。
たしかに確定拠出年金の運用の事なんて、同僚にも聞きづらいでしょう。感覚でいうと、確定拠出年金の結果を他人に聞くなんて、ボーナスの金額を聞くようなもんですもんね。

保険も100人の保険を見直したと思う

保険の見直し依頼も多く、本当、100人くらい見直したと思います。

そのうち、9割以上が見直しした事により、年間で万単位の見直し効果がありました。
見直し効果が大きい人では、月で3万円以上の見直しができた人もいました。

この経験から言える事は、ほとんどの人は正しい保険に加入できないということです。
実際に、非の打ち所がないですね!と言える保険の入り方をしている人は、ほとんどいませんでした。

保険を見直すだけで教育費の準備ができたり、住宅資金に充てたりと生活がかなり楽になります。
そう思うと、もっともっと多くのひとが僕を活用して欲しかったと思っています。

FPの必要性

こういった環境の中でFPの必要性なども感じました。

正直言って、日本のFPってすごく微妙な存在です。
FPが言うんかいって思われるかもしれませんが、今のFPさんの多くは企業系のFPさんですし、本当のFPと呼べる人は関西でも数えるくらいしかいません。

でも本当のFPと呼ばれる人は世間に必ず必要な人物です。
しかし、多くのFPが資格だけ取ったような人が多い為、世間から気付かれにくいんですね。

そんな中、僕はこの2年の経験で確実に本当のFPと呼べるレベルのFPになれたと思います。
とはいえ、本当のFPの方に比べれば、学ばないといけないことも多いのは事実です。

こんな経験に出会えた縁を大切に、学ぶ喜びを忘れず、これからも頑張っていきたいと思います。

今まで学んだことや得た知識は、このブログでも発信していきます。
もちろん、直接相談したい、ライフプランを考えたいという方はあなたのためだけに最適なプランを考えさせてもらいますので、遠慮なくお問い合わせくださいね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)