【ワード解説】PERとは?

【ワード解説】PERとは?

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

今日は株価判断に役立つPERについて解説します。

PERとは?

おそらく、株式投資に興味を持った方のほとんどが一番最初に出会うのが、PERやPBRではないでしょうか?

PERとは、株価収益率といいprice earnings ratioの頭文字を取ってPERとなっています。

一般的にPERが低いほど、割安な株と言われています。

計算式

PER=時価総額÷純利益、
もしくは、PER=株価÷一株当たり利益(EPS)となります。

株価収益率の言葉通り、株価あたりの収益(利益)はどれくらいかを測る指標となります。
例えば、500円の株価で一株あたり利益が50円の場合は、PERは10倍となります。

どれくらいが割安なの?

一概に何倍だったら割安というラインはありません。
それは、業種によって異なるからです。

単純にPERが低いから買い銘柄ということではなく、業種平均のPERは20倍なのに見つけた銘柄はPERが10倍だった場合には、割安という判断ができます。

また、同企業の過去のPERと比較することも大切です。

PERが低ければ、買いなのか?

PERが低ければいいという訳ではありません。
あくまでも1株あたりの利益に対して株価が低いということだけですから、株価が低いのには何か理由があります。

企業にとって大切なことは、稼ぐ力です。
ここで言うところの一株当たり利益(EPS)です。

株価は、短期的には予測不能な値動きをしますが、最終的には企業価値へと収斂していきます。
そして企業の利益と株価は長期的には、ほぼ一致します。

つまり、大切なことは一株当たり利益(EPS)だということです。

PERが注目されるのには、一株あたり利益に対して株価が正当に評価されていない可能性があるからです。

業界的には、PERの平均は20倍だけど、この銘柄は10倍しかないぞ!
正当な評価を受けて10倍から20倍になれば、利益が大きいぞ!
ということですね。

このように、正当に評価されていない銘柄であればいいですが、もしかすると、ネガティブな理由があって株価が低いのかもしれません。

なので、PERだけで投資判断をすることは不可能であり、その他の指標や企業分析を行うことによって投資価値のある企業なのかを判断する必要があります。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました