死亡保険の基本の形であるこの3つは覚えておこう

死亡保険の基本の形であるこの3つは覚えておこう

みなさんのすぐそばにある生命保険。
今では生命保険であらゆる保障を用意することができますが、保障内容を大きく分けると【死亡保障】と【医療保障】の2つ分けることができます。

今回は、【死亡保障】について、どんな保険があるのかを見ていきましょう。

基本的には、この3つの形を覚えよう

3つの形

では、一つずつ見ていきましょう。

定期保険

定期保険

この形の死亡保障の代表的な商品は定期保険と言って、「掛け捨て」の保険といえばわかりやすいでしょうか。

この保険商品の特徴は、掛け捨てで安い保険料で大きい保障を手にいれることができることです。

具体的には、今から10年間1000万円の死亡保障が欲しいと言うと、年齢に応じて保険料が決まり、10年間保険料を支払うことで1000万円の死亡保障を得ることができます。

したがって、保障開始と同時に1000万円の保障が用意され、保障終了後は保障は無くなるため形としては四角となります。

収入保障保険も定期保険のアレンジ版

流行りの収入保障保険も実は、定期保険のアレンジ版なんです。

収入保障保険を図にすると、こんな感じです。

収入保障保険

このように定期保険を少しずつ減少させていっているのが、収入保障保険です。

基本的に死亡保障とは、未子が生まれた後は必要保障額が減少していきます。

収入保障保険は、定期保険に比べ、自分で見直す必要がなく保障額が自動的に減少していきますので、一度加入すると保障額さえ合っていれば見直しをする必要はありません。

また、無駄な部分をカットしているので保険料も定期保険より安くなります。

このように、このタイプの保険は「今からいつまで」「保障は保険料を払っている間だけ」「掛け捨て」となります。

終身保険

終身保険

こちらは、貯蓄性のある保険です。
身が終わるまでの保障なので「終身」保険と言います。

死亡保障は欲しいけど、掛け捨てはもったいない!という方に適しています。

多くの場合、60歳で払い終えて一生の保障を得るケースとなります。

保険料を払い終えても、保障が続くので形としては矢印のように伸びています。

例えば、死亡保障額300万円の終身保険であれば、死んだ時には300万円の死亡保険金を受け取ることができます。

もし、途中で解約した場合には「解約返戻金」と言って、保険を利用して貯めていたお金が返ってきます。

解約返戻金は、解約のタイミングに応じて金額が異なり、一般的には払い終えて数年すれば払った保険料分は返ってくる仕組みとなっています。

定期保険に比べ月々の保険料は高くなるため、保険料が負担にならなければ選択しても良いかと思います。

このタイプは、「今から何歳まで支払い」「保障は一生」「貯蓄性あり」となります。

養老保険

養老保険

最後は、養老保険です。

最近では、まったく売れなくなった保険ですが、バブル期は飛ぶように売れた保険商品でもあります。

終身保険同様、貯蓄性のある保険となります。

終身保険と違う部分は、保障が一生涯ではなく保険が終了するタイミングで満期金を受け取ることができることです。

終身保険は解約すれば解約返戻金を受け取れましたよね?

養老保険は終了時期が決まっているため、満期になると「満期金」を受け取ることができます。

したがって定期保険と同様に四角の形をしているのですが、最後に満期金があります。

掛け捨てじゃない定期保険とイメージするとわかりやすいですね。

死亡保障額300万円の養老保険であれば、死んだ時には300万円の死亡保険金を受け取ることができます。

満期になれば、満期金として300万円(正確には300万円ちょうどではない)を受け取れます。

保険料は、終身保険よりさらに保険料が高くなります。

このタイプは、「今から何歳まで」「保障は保険料を払っている間だけ」「貯蓄性あり」となります。

まとめ

死亡保険の代表的な3つの保険の形を説明しました。

実は、医療保険も含め保険とは全てこの3つの形を原型としています。

あとは自分が保険をどのように組み合わせるかだけとなります。

自分の考え方に合わせて適切な保険の形を選んでくださいね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました