【書評】投資で一番大切な20の教え

【書評】投資で一番大切な20の教え

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

今日は、先日読んだ『投資で一番大切な20の教え(著 ハワード・マークス)』の感想を書きたいと思います。

名作中の名作!!

帯にも書いていますが、この本はバフェットも推奨しています。
またバフェットはよっぽど気に入ったみたいで、自分の株主総会にてこの本を配布したそうです。

実際、読んでみるとバリュー投資家にとって大切なことが山盛り書いています。

僕も今まで色々な本を読みましたが、これだけ素晴らしい本を読んだのは久しぶりです。
書かれていることの多くが本質をついているんですね。

実際に付箋の数をみると、めちゃめちゃいっぱい付箋してます。

投資で一番大切な20の教え 付箋

正直、素晴らしいことを数多く書いているので是非とも読んでいただきたいのですが、僕が付箋を貼ったところにあった言葉をいくつか紹介したいと思います。

響いた言葉

ポーカーの世界にはこんな名言がある「どのゲームにもカモはいる。45分経っても誰かわからないければ、自分こそがカモだ」

これは、おそらくバフェットの言葉ですね。
投資にも当てはまる素晴らしい名言です。

投資は「いいものを買う」のではなく「ものをうまく買うこと」で成功する

バリュー投資の基本中の基本です。
このために投資をする株式の本質的価値を把握することが大切になるということです。

市場は、あなたが支払い能力を保てる期間よりも長く、不合理な状態をつづけることができる

これは、ケインズの名言です。
レバレッジをかけて投資をするのであれば、このことは理解しておかないと二度とマーケットに帰ってこれなくなるかもしれません。

いつも負けてばかりのギャンブラーがいた。ある日、馬が一頭しか出馬しない競馬のことを知り、借金をつぎ込んでその馬に賭けた。しかし、馬は半周したところでフェンスを越えて逃げてしまった。人々の予想よりも事態が悪い方向にいく可能性は常にある。

すごく上手なブラックジョークです。
説明不要に相場を表している言葉です。

風船から空気が出ていくスピードは、風船の中に入るスピードよりもずっと速い

これも相場を表した表現です。
相場は常にサイクルがあり、そのサイクルを表した言葉です。
的確な表現だと思います。

その他の名言

  • 「賢明な人が最初にやること、それは愚か者が最後にやることだ」
  • 「早すぎは失敗も同然」
  • 「身長180cmの男でも、平均水準150cmの川で、急流にもまれておぼれることがある」

これらはすべて投資について非常に的を得た名言です。

一読の価値は十分にあり!!

はっきり言って名作です。
多くの本がリターンや手法について書いているのに対し、ひたすらリスクに対する考え方などが書いています。
もちろん、バフェットが推奨するくらいの本ですから、短期投資家にとっては学ぶべき部分は少ないかもしれません。

しかし、長期投資をモットーとするバリュー投資家にとっては非常に勉強になる一冊となるかと思います。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました