【書評】僕のセミナーはすべてこの本を参考にしている

【書評】僕のセミナーはすべてこの本を参考にしている

こんにちは、井上FP事務所の井上です。 今年の目標として毎日記事を更新すると決めていますが、書くというアウトプットと同時にインプットをすることは非常に大切です。 できるだけ多くのことをインプットしようとネットでも情報収集はもちろん、月に最低5冊は本を読むように心がけています。 自分の中では、結構本を読んでいるつもりでしたが、尊敬するFPの方は毎月10冊も読んでいて愕然としました。 まだまだということですね・・・ せっかく、こうやってアウトプットの場があるので、これからは読んだ本について書いていきたいと思います。

僕のセミナーの基礎

元役者という経歴をあり、セミナー講師として多くの講演をさせていただいております。 ただ、元役者といえど講演は未経験でしたので、参考にした本があります。 そして、その本は僕のセミナーの基礎となっています。 それは、『シンプルプレゼン』(ガー・レイノルズ 著)です。 書籍の紹介の前に僕のセミナーに対する思いを聞いてください。

日本型プレゼンが大嫌い

僕は、日本人がよく作る資料やスライド、セミナーが大嫌いです。 スライドに小さい字を敷き詰めて一体だれが読めるのでしょうか? 下を向いてパソコンの文字を見ながら話すのであれば、資料を配って勝手に読んでもらえばいいのではないでしょうか? 受講者に背中を向けて、スライドを指差しながら話す姿も美しいとは思えません。 本来、セミナーとは90分だったら90分のショーであり、一種のエンターテイメントであるべきだと思うのです。 人前で何かをするということは、そういうことです。 僕は可能であれば、暗転して出囃子流して登場したいと思っています。

TEDトークは衝撃だった

僕にとって日本型セミナーは非常に退屈でした。 そんな時に出会ったのがTEDトークでした。 みなさんは、TEDトークをご存知でしょうか? TEDトークとは、各分野の人間がプレゼンを行う講演会です。 過去には、Amazonのジェフ・ペゾフやU2のボノなどのだれもが知る有名人から、エヴェリン・グレニー(スコットランド出身のパーカッショニスト。12歳のときに聴覚を失った中途失聴者)などの障害を持つ方だったり、様々な人が講演を行います。 この講演では、日本型の退屈なセミナーはなく、みんながスティーブジョブズのような講演を行うのです。 正直、鳥肌が立つくらいカッコイイんです。

植松さんの講演には想いが詰まっている

中には、日本人も講演をしています。 僕が最高に痺れたのは植松努さんの講演です。

この人の講演は、上手い下手ではなくて何より想いが詰まっています。 この想いが受講者の心を震わせるから、いい講演なんです。 [voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]もちろん、ドッグワード(「えー」や「あー」など)も言わないし、声のトーン、声のスピードも完璧です。[/voice]

講師が感動すると、受講者も感動する

役者時代に演出家に言われた一言です。 演者が感動していないと、観客は感動しない。 本当にそうだと思います。 嘘の演技に観客は騙されません。 「コイツ、演技してるな。」って、すぐバレます。 観客を現実に戻してはいけないのです。 本当にいい演者は、演技しながら本当に心を震わせています。 講演も同じです。 想いの詰まった講演は、受講者に伝わります。 だから、僕たち講師は想いを込めてコンテンツを作り、想いを込めて話す必要があります。 想いを込めれば心に響きますから、資料なんてなくても心に残ります。 そんなコンテンツを作るためのノウハウが「シンプルプレゼン」には詰まっています。

想いを伝える為には、構成を熟考する必要がある

いい話をただ話すだけでは、受講者を完全に感動させることはできません。 演劇に照明と音響があるように、講演にはスライドが必要なのです。 しかし、スライドはアイテムであり、主役は自分です。 自分を引き立たせる為に最高のスライドを作る必要があります。 では、そのためにはどんなスライドを作るべきか? 話の流れは、どうするべきか?何を話の軸にすべきか? こういった講演を行う上で、非常に大切なことが「シンプルプレゼン」には詰まっています。 壁にはシンプルプレゼンから書き出した重要なことを貼っています。 それでも、コンテンツを作る時は「シンプルプレゼン」を何度も読み返します。 もし、ご自身が講演を行う立場であれば、ぜひ読んでいただければと思います。 Amazon『シンプルプレゼン』(ガーレイノルズ著)

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました