【セミナーレポート】『仕事の選び方』@香川県立志度高校

【セミナーレポート】『仕事の選び方』@香川県立志度高校

2015年6月22日、香川県立志度高校にて「仕事の選び方」セミナーをさせていただきました。 対象は、高校3年生の学生たちでした。

志度高校の生徒は、非常に素直でいい子たちばかりでした。
目がキラキラしていて、話をした僕までもエネルギーをもらえるような素敵な1日となりました。

内容

  • 仕事は何を基準に選ぶのか?
  • 自分は何を大切にしたいのか?
  • サラリーマン、役者、自営業でファイナンシャルプランナーと様々な経験を持つ講師自身は、どのように仕事を選んできたのか?
  • 今の行動が将来を作る

生徒に対する想い

僕が、この講演を作った理由は、「自分が高校生の時に聞きたかった話を作ろう」と思ったからです。
僕は高校を卒業し、サラリーマンをし、役者をし、今は自分一人でファイナンシャルプランナーをしています。
こんな様々な経験をしても、役者のように社会から外れたような事をしても、仕事をさせていただき、今しっかりと生活しています。

僕は高校の時は脱線すれば人生が終わるような話を親や先生から聞きましたが、こんな人間がいてるなんて教えてくれませんでした。
だから、僕が高校生だったら「今の自分」から話を聞きたいと思ったのが、この講演を作ったきっかけです。

『過去ではなく今の自分が未来を作る』

誤解をしていただきたくないのですが、僕は決して甘い話をしたい事ではないという事です。

僕が言いたいのは、
『過去ではなく今の自分が未来を作る』
ということです。

今の自分は過去の自分の結果です。
しかし、未来は今の自分の行動で作られるのです。
過去の自分は経験はこれからの自分の糧にすればいいのです。
人間、そんな誇れる過去を持っている人なんて一握りです。

将来を変えたかったら、今の行動を変えるだけです。
僕は、元役者で色物としてファイナンシャルプランナーを始めました。
周りにはベテランのファイナンシャルプランナーや金融機関出身のファイナンシャルプランナーなど多くいました。
実際に過去が将来を作るのであれば、僕はファイナンシャルプランナーとしてやっていけてはなかったでしょう。
しかし、僕はファイナンシャルプランナーとして仕事をしています。
それは、過去の自分を活かし、今の自分の行動を努力したからです。

だから、高校生には夢を諦めて欲しくないし、努力は積み重なるから、無駄ではない、ということ、今の自分を変える事が未来のなりたい自分に近づけるという事を高校生に伝えました。

セミナー後の生徒たちのアンケートの声

1%でも努力すれば結果は違ってくるという事。時間はお金と同じくらい大切。人によってやりがい、お金、時間、何が大切か違う。

進路に向けて、今必ず努力しなければいけないと改めて感じました。努力したことは必ずどこかで返ってくると井上さんも言っていたので、一生懸命努力しようと思います。

やりがいとお金と時間がうまく配分された職につくことが大切だと分かった。自分も井上さんの高校生の時と同じようにやりがいばかり考えたりお金について考えたりで、時間というものをあまり考えなかったのでこれから考えていきたいです。

今日の講話を聞いて、時間を無駄にしてはいけないなと思いました。あと、1日に1%頑張るだけで、その積み重ねが多くなって、将来に役立っていくことが分かりました。今のうちから少しずつでも頑張っていきたいし、時間を無駄にしたくないと思いました。

自分が今何の仕事をしたいかをまず考え、紙に書いてみる事で本当に自分が何をしたいかはっきり分かりそうな気がするから、やってみたいと思った。やりがいのある仕事をして、お金も欲しいけど、それより時間とやりたいことを大事にしていきたいと思った。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)