10年後も低金利なのか?住宅ローン控除をどう使う?

10年後も低金利なのか?住宅ローン控除をどう使う?

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

多くの方は住宅ローン控除を加味して住宅ローンを組まれます。
「今、変動金利が1%以下だから住宅ローン控除の1%を利用すれば返ってくる税金が多くなる・・・」と金利という生き物を前に取らぬ狸の皮算用を始めます。

住宅ローン控除を利用して一儲けみたいな考え方は、僕はしない方が良いと思ってます。

住宅ローンを決める基準は借入後の生活ができるか

僕が住宅ローンのアドバイスをする上で重視することはたった一つで、住宅ローンを借りた後の生活です。

ローン総額いくらで住宅ローン控除がいくらで実質負担は・・・みたいな計算をしても住宅購入後の生活が破綻していては意味がありません。
一番大切なことは住宅購入した後の子供の教育費や老後への積立などがしっかりできるかどうかです。

だから、僕は住宅ローン控除はあくまでも「おまけ」程度にしか捉えていません。
もちろん、2000万円のローンであれば10年間で約170万円くらいの税控除ですから少なくはないですが、それが購入プランにどう影響するのでしょうか?

住宅ローン控除を考慮しないと購入が難しいのであれば、それはすでに購入後の生活に何かしらの影響があるんじゃないかと思います。

別に頭金はなくてもいい

購入後の生活が見通せるのであれば、頭金がなくても購入しても良いと僕は思ってます。

もちろん、途中売却が難しい、借り換えも難しい、金利面で不利な条件を提示されるなどのデメリットを覚悟する必要はありますが、それでも購入したいのであれば、購入後の生活さえ見通しておけば良いのではないかと思います。

頭金がなくてもというのは極端な例ですが、それくらい購入後の生活が大切だということです。

家を買うということは、そこに家族が集い、新しい生活を始めます。
まさにこれから生活が始まるわけです。

家は買ったらおしまいじゃなく、これから借金を返していくのですから、やはり一番大切なことはこれからの生活だと思います。

金利は生き物

今まで住宅ローンの話をしてきた経験の中で変動金利を使って目一杯住宅ローン控除の恩恵を受けようと思っている方は、今後10年間金利が上がらないと信じきっていました。

果たしてこれからも金利は下がったり、低いままなのでしょうか?

過去、金利が下がるにつれ、一部のFPは「これ以上は下がらない!今こそ固定金利だ!」と言っていましたが、今現在長期金利はマイナスに沈みました。

今までは変動金利を借りていた人が勝ちだったわけです。

それを知っている人は過去もそうだったからと言いますが、過去もそうだったからといって未来もそうだとは限りません。
過去は未来を予測する上で全く役に立ちません。
過去を見ても、それっぽい予測が生まれるだけです。過去から生まれる予測を盲信してはいけません。

だから、金利が10年後も低金利だと盲信している人は気をつけた方がいいです。

僕は、当たりもしない金利予測はしませんが、僕はあくまでも固定金利を勧めます。
というか僕だったらフラット35で35年借ります。

H28.4時点の借入なら35年間1.19%で借入することができます。

1%強で35年間借入できるって異常だと思うし、インフレになっても大丈夫だし、僕がローンをするならそう考えます。

えっ?住宅ローン控除?
住宅ローン控除はおまけ程度ですね。

還付されたら将来のための積立に回します。
子供が居たら教育費の積立にしていたと思いますね。

住宅ローン控除は、そんな扱いで良いんじゃないかと思います。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)