医療費控除の意外と知らないこと

医療費控除の意外と知らないこと

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

確定申告シーズンとあって医療費控除などの還付申告についてもご質問をいただくことが増えてきました。
ご質問いただいてから確認のために調べると意外と知らないこともあるのですが、そんな医療費控除の知っているようで知らないことを書かせていただきますね。

医療費控除の計算ってどうするの?

医療費控除の計算式は、以下のようになります。

医療費控除 計算式

医療費控除の対象を簡単に言うと、医療保険の保険金や健康保険の高額療養費制度などを差し引きした実質の医療費負担が10万円を超える場合に、所得の控除にできます。

例えば、年間の医療費合計が50万円あって保険から20万円の給付があった場合は、30万円から10万円を差し引いた20万円が医療費控除となります。

では、こんな場合はどうなるのでしょうか?

保険金を多く受け取った場合

先ほどの医療費負担50万円、保険金20万円の例で内訳を見ていきましょう。

すると、この方は病気Aになり、保険金20万円を受け取っていました。
つまり、保険金20万円は病気Aのために受け取っていたのです。

しかし、病気Aだけで医療費を見るとかかった医療費は10万円でした。
治療費10万円に対して、20万円の保険金が出ていたのです。

[aside type=”normal”]残り40万円は違う病気で支払った医療費とします[/aside]

病気Aでは、保険で得をしたということですね。

病気Aの場合

この場合、医療費控除の計算は以下の①と②のどっちになるのでしょうか?

医療費控除 どっち?

正解は②!!

税務署に確認したところ、②の補填された保険金を差し引くのみでいいようです。

つまり、1年間に支払った医療費をまとめて計算するというよりは、1つの病気ごとに計算し、最後に合算するような形になるみたいです。

[voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]僕は①だと思っていたのですが、いい勉強になりました。[/voice] [aside type=”warning”]あくまでも僕が確認した場合ですので、具体的にはご自身で税務署にご確認ください[/aside]

医療費控除の扱いって知っていそうで以外と知らないことも少なくないので、わからないことは税務署に確認することが一番ですね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました