【注意】還付のための確定申告は、2/16〜3/15だけではない

【注意】還付のための確定申告は、2/16〜3/15だけではない

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

皆さん、医療費控除などの控除を受けるための確定申告の時期はご存知ですか?
もちろん知っているよ!2/16〜3/15だろ?って・・・

それ半分正解です。

2/16〜3/15は税金の納付がある場合

一般的に確定申告というと2/16〜3/15というイメージがありますが、還付を受けたい場合には2/16〜3/15だけではないので注意が必要です。

確定申告とは、税額を確定し申告するから確定申告といいます。

反対に医療費控除や住宅ローン控除などの控除を受けて、年末調整などで支払っている税金を還付してもらう申告を還付申告と言います。

還付申告は、確定申告同様に申告書を書いて申請をするのですが、期間が違うので注意が必要です。

確定申告は、税金を納税する1/1〜12/31の翌年の2/16〜3/15に申告が必要になります。
例えば、2015年の税金は、2016年の2/16〜3/15に申告が必要となります。

還付申告は、翌年の1/1から

還付申告の場合は、翌年の2/16〜3/15ではなく還付を受けたい年の翌年1/1〜申請が可能です。
例えば、2015年の税金の還付を受けたい場合は、2016年の1/1〜還付の申請が可能です。

つまり、年を明けてすぐに申請をしてもいいということです。
還付申請をしてから還付されるまで数ヶ月かかりますので、早めに申請しておけばその分早く還付を受けられますね。

また、終わりについても3/15までと決められているわけではありませんので、3/15を過ぎても申請が可能です。

5年間さかのぼることも可能!!

厳密に期限を言うと、税金の還付を受けたい年の翌年1/1〜5年間となっています。
例えば、2015年の税金の還付を受けたい場合は、2016年1/1〜2020年12/31まで申請が可能です。

ちょっと過ぎても全然問題ありませんね。

勘のいい方は気づかれたかもしれませんが、さかのぼることも可能です。
つまり、2016年度の場合、2011年度までさかのぼって還付申請が可能です。

さかのぼって申請することで得できる人は、どんな人か?

例えば、扶養控除を利用できていたのに扶養控除をしていなかった人などです。

例えば、同居しているご両親を扶養していた場合には、所得控除として58万円の控除が受けられます。
仮に所得税率が20%であれば、11.6万円(58万円×20%)が還付されます。

[aside type=”normal”]正確には、住民税分も還付されます。
住民税の税率は10%で、扶養控除の控除額は45万円ですので、還付金は4.5万円となります。[/aside]

所得税と住民税の還付を合わせると約16万円です。
これを5年にわたり、さかのぼれば80万円(16万円×5年)の還付です。

[voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]自分の税率や扶養にできるどうかは、お近くの税務署で確認してみてくださいね。[/voice]

まとめ

還付申告と確定申告は似ているので、勘違いする人も多いのですが、早めに還付申告をしておけばいいことずくめです。

2/16以前だと人も少ないので、税務署の職員の方も比較的丁寧に教えてくれますし、還付金も早く手にすることができます。

まだの人は、今から準備されてはいかがでしょうか。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました