日銀がしたマイナス金利って何?自分に関係あるの?

日銀がしたマイナス金利って何?自分に関係あるの?

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

昨日は、日銀の金融決定会合でマイナス金利導入が発表されました。
これにより株価は乱高下し、為替は118円台から120円台になり、市場に大きな影響を与えました。

さて、マイナス金利とは一体なんでしょうか?

そもそもマイナス金利って?

普通、あなたが他人がお金を貸したら返してもらうときに利息をつけて返してもらいますよね?
利息は何%にしましょうか?

1%にしますか?それとも0.5%?
いやいや利息なんていらないよというのであれば、0%ですよね。

普通であれば0%が一番下だと思うのですが、実はその下があって、それがマイナス○%というマイナス金利です。

つまり、お金を貸してさらに利息をあげないといけないのが、マイナス金利の仕組みです。
まぁ、普通に考えれば意味がわからないですよね。
しかし、今回の日銀の判断には理由があるので、後ほど解説します。

どこがマイナス金利になるの?

では、どこがマイナス金利になるのでしょうか?

これは皆さんが使っている銀行ではありませんので、安心してください。
マイナス金利が適用されるのは、銀行が日銀に預ける場合に適用されます。

銀行が日銀に預ける?

日銀とは、銀行の銀行のような機能があります。
そして、日銀は銀行が使わないお金を預かってくれます。

それを日銀の当座預金と言いますが、今回マイナス金利になるのは銀行が日銀に預ける当座預金です。

全額がマイナス金利ではない

今回、通常金利、ゼロ金利、マイナス金利と段階的で金利を分けるそうです。

銀行は日銀に一定額を預けないといけないのですが、それについてはこれまで同様に0.1%の金利がつきます。(基礎残高)

また、それに伴い仕方なくというか預けざるをえない部分は金利を0%としています。(マクロ加算残高)

最後に、それ以上に預けている部分は金利を-0.1%とし、預かり保管料をもらいますよということになっています。(政策金利残高)

日銀 図
こんなイメージ

出典元 本日の決定のポイント – 日本銀行

少し難しいですが、全額-0.1%ではないということですね。

[voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]日銀の当座預金については、少し古い記事ですが、この記事がわかりやすいかと思います[/voice]

なんでマイナス金利にしたの?

日銀は今までお金を市場にバラまいていたのですが、全然物価も上がらないし、バラまいたお金は日銀の当座預金に帰ってくる始末じゃないか!ということになったわけです。

だから、日銀に預けないで誰かに貸すなりしてよ!という感じです。

すごく簡単に言うと、こんな理由です。

あとは、黒田さんのメンツのためです。
ずっと、いつでもやる準備はできているみたいなことを言っていましたから、ナメられないためにした部分も大きいですね。

[voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]これについては、Market Hackの日銀マイナス金利導入 円高に振れそうになっていた為替レートを、レンジ内に押し返すことに成功したことで、緒戦は勝利で上手な例えで説明がされているので、よければどうぞ。[/voice]

僕らへの影響は?

いろいろありますが、とりあえず住宅ローンの金利が下がります
マイナス金利の発表後、長期金利は0.22%から0.1%まで下がりました。

H28.1のフラット35の金利は1.54%(21年以上 融資率9割以下)でした。
固定金利は長期金利に連動するため、さらに下がるでしょう。

35年固定金利が1%前半で借りれるなんて異常ですね・・・

変動金利も、下がりますね。

まとめ

ヨーロッパでは、すでに導入されているマイナス金利。
日本でも導入されるということで賛否両論です。

とりあえず言えることはすごいことが生きている間に経験できているということです。

僕は役者時代は、金融のことなんて全く知らなかったのですが、この手の話は興味がなければ全く知ることのない話だと思います。
きっと、スッキリとか目覚ましテレビでは報道しないでしょう笑

しかし、興味を持てばこんな大事件を生きたリアルな情報として知ることができます。

僕は、今までの分を取り返すように読書で知識をつけていますが、やはりリアルな生の知識や情報には勝てません。
常に自分は歴史の生き証人だと思って、アンテナを張っておかないといけませんね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!