我が家にいるネズミたちを紹介します

我が家にいるネズミたちを紹介します

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

皆さんはペット飼ってますか?
うちではネズミ系をかれこれ5年前くらいから飼っています。

ネズミは寿命が短くだいたい2年くらいで亡くなるので、あっという間にお別れがくるのですが、非常に飼いやすく中にはすごく頭のいいネズミもいるので、懐いてくれるから個人的にはオススメです。

今日は、我が家のネズミをちょっと紹介したいと思います。

今いてるのは3匹

我が家には、種類の違うネズミが3匹います。
まずは一番馴染みのあるネズミから紹介したいと思います。

キンクマハムスター

ハムスター
お迎え当初。まだ小さい

おそらくネズミ系の中では一番馴染みのある生き物だと思います。

僕は過去にもジャンガリアン2匹、ゴールデン2匹飼っていて、このキンクマでゴールデンハムスターは3匹目となります。
ハムスターの中ではゴールデンが一番かわいいですねー

ハムスター
最近の写真。9ヶ月くらいでこれくらいの大きさに

ハムスターは基本的にはなつく事はありません。
もちろん、なつく事はあるとは思いますが、多くの場合「人に慣れる」という感覚が正しいと思います。

ハムスターは触られる事を喜ばないと思っているので、月に1回も触る事はないです。
じゃあ、なんで飼うの?って話ですよね。

ハムスターっていい意味でアホなんですよね。
時々すげーブサイクな顔するし、見てて可愛いから飼ってます。

ハムスター
超ブサイクな寝顔

ラット

2匹目はラットと呼ばれる、いわゆるネズミです。
日本ではペットとして馴染みのないですが、海外ではペットとしてよく飼われているそうです。

ラット
ハムスターより全然大きい

このラットですが、めちゃめちゃ賢いです。
うちの前の子もできたのですが、賢すぎて芸を覚えてます。

下の動画はうちの子ではありませんが、こんな感じに芸を覚えて懐きます。


ラットを買ってしまうとハムスターが懐くなんて絶対に言えなくなります笑

懐いてくると飼い主の手を毛づくろいするように綺麗にしてくれますし、撫でてあげるとそのまま寝てしまうくらい懐きます。

ラット
撫でるとじっとして、最後は寝ちゃう

また、ラットはハムスターと違って縄張り意識がないので、同じケージで一緒に買う事も可能です。
実際に僕も2匹同時に飼ってましたが、喧嘩する事なくお互い重なって寝たりと、その姿は最高に可愛かったです。

ラット
超仲良し

この写真は前に飼っていたラットですが、このようにいつも2匹くっついてました。

デグー

最後の3匹目は、デグーマウスというネズミです。
アンデスの歌うネズミとも言われ、よく鳴きます。

デグーさん
デグーさん

他のネズミと違って寿命が5年から7年と長生きしてくれます。
この子もラット同様、人懐っこくて飼い主の上に乗って餌を食べたりします。

デグー
こんな感じで乗って食べてくれます

僕の飼っているネズミの中では一番表情が豊かで、気持ちいいのか嫌がっているのか、すぐにわかります。
これもデグーの魅力ですね。

デグー
うとうとデグー

最初に言った通り、アンデスの歌うネズミとも呼ばれよく鳴きます。
僕は動画を撮ってませんが、YouTubeに上がっているのを貼っておくので、よかったら見てみてください。

ネズミが好きすぎて好きすぎて

もともと実家ではペットなんて飼った事もなく、ペットに縁のない生活をしていたんですけど、一人暮らしを始めた時にふとペットを買いたいと思ってハムスターを飼いだしたのが、きっかけでネズミ飼いの生活が始まりました。

将来的には犬や猫も飼いたいと思っているのですが、犬を散歩に連れて行く余裕もないので犬が可哀そうなので犬は無理、猫も賃貸ではなかなか難しいので無理・・・となるとネズミが残ったわけです。

デグーとかになるとケージで飼えるし懐くので、飼いやすくこれからもネズミとの生活は続きそうです。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)