【医療保険】120日型より保障を長く、保険料を減らす方法

【医療保険】120日型より保障を長く、保険料を減らす方法

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

皆さんは医療保険に加入されていますか?
加入している場合、入院した場合に保障される日数は何日でしょうか?まさか知らないなんて事はないですよね?

今回は、その保障日数の話と、さらには保障を手厚くして保険料を抑える方法をお伝えします。

一番メジャーなのは60日型

近年の医療保険で一番売れているのは、終身医療保険の60日型(上限日数1095日)です。

60日型とは、入院した場合に保障するのは60日までですよという事です。
一度入院したら60日までの保障となり、前回の退院から180日経過した場合には再度新しい入院と判断されて、また60日までを保障するという形になります。

なので言い換えると、180日を経過しなければ1つの入院とみなされます。
例えば、ある病気で入院して40日入院し、その後退院したが退院から100日後に再度入院する事になり30日間入院したとしても、保障される入院は70日間のうち、60日だけとなります。

なぜ60日型が主流なのか?

かつて医療保険といえば、180日型、360日型というのが主流でした。
それが年々短くなり、120日型、60日型と短くなってきました。
その理由なんでしょうか?

短期入院化してきたから

医療技術の進歩により入院する日数が短くなってきたからです。
厚生労働省の調べによると、平均の入院日数は30日前後となり、昔のように長期入院して治療するのではなくなったため、360日の保障がいらなくなってきたからです。

保険料が安くなるから

保障される入院日数が長ければ、その分保険料は高くなります。
保険会社からすれば、払う金額が多くなる可能性が高くなるわけですから、多く保険料は取らないとおかしい事になりますよね。

年齢が上がると入院日数は増加傾向にある

高齢の患者の場合、入院日数の平均は50日前後となり、全体の平均である30日前後より20日ほど多くなります。

また、病気によってはかなり長期になる可能性があります。
例えば、脳血管疾患の場合、90日前後となります。
さらに認知症などは、1年近い入院をするとの結果もあります。

このような実態から医療保険は120日型を選ぶべきと言われるFPの人もいます。
僕も60日型であれば、別に保険に入らなくても貯蓄で対応可能と考えているので、医療保険は長期入院に対応できるものを選択するべきだと考えています。

また、医療保険に加入される人の多くが老後のためと言われます。
そうであれば60日型ではなく、長期入院に対応できる医療保険にしておくべきですよね。とはいえ、保障期間を長くすると保険料は高くなります。

もし、あなたが保険料は少し高くなっても保障を手厚くしたいと考えているのであれば、120日型の保険より保障を手厚く保険料も抑える方法があります。

60日型と楽天ロング

楽天生命は非常にユニークな保険商品が多く、他にはないラインナップで個人的に評価しています。
その中でも『楽天ロング』という長期入院に対応した保険があります。

この商品は、入院して61日目から給付金が出る保険です。
そんなの給付金もらえるの?と思ったかもしれませんが、皆さんの思っているとおり給付の確率は少ないでしょう。
だからこそ、保険料も低いのです。

『楽天ロング』は1入院の保障日数は最大1095日と保障があるため、60日型と楽天ロングを組み合わせると1入院1095日まで保障を用意する事ができます。

保険料を見ても30歳男性の場合で楽天生命で見積もりを取ったところ・・・

  • 楽天スマート2(短期保障の医療保険) 保険料 1413円
  • 楽天ロング(長期保障の医療保険) 保険料 795円

このようになり合計2208円で長期入院に対応した保障を用意する事が可能となります。

この保険料水準であれば、120日型の保険より保険料が安い可能性もあり、120日以上カバーされるので保障も手厚くなります。

いい商品は勧められない世の中

このように知名度の低い楽天生命の『楽天ロング』を利用する事で保障は手厚く保険料は低くする事ができます。
しかし、多くの場合このような方法を勧められることはないと思います。

まず販売側が楽天生命の代理店でない限り、勧めてくれる事はありません。販売側からすると儲けにならないものを勧める事はないです。
そういった意味では、保険を販売していない僕のようなFPだからこのような提案も言えるのかもしれません。

また、多くの保険営業の人は勉強不足で楽天生命の商品を知らない可能性すらあります。

これは保険以外にも言える事ですが、いいものは有名とは限らないし、誰もが選択しているわけではないという事です。
むしろ、いい商品は隠されている事も方が多い可能性があります。

これは、世の中に出回るものの多くが販売側の売りたい商品であって消費者にとって一番の商品ではないからです。
残念なことに消費者が自ら選んだ世間で売れている商品もいい商品ではないケースも少なくありません

これは消費者が正しい情報を知らないからです。
だからこそ、アンテナを張って情報を集めておく必要があります。
もしくはそういった情報を発信してくれる人をチェックしておく必要があります。

当ブログでも有益な情報があれば、惜しみなく発信していきますので、これからもチェックしておいてくださいね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)