運用で結果を出すための「生活防衛資金」の大切さを知ろう

運用で結果を出すための「生活防衛資金」の大切さを知ろう

投資を始めようと考えた時に、自分の持っているお金のうち、一体どれくらいが運用に回していいお金なのでしょうか?

私は、投資スタイルとして勧めているのは長期の分散投資ですから、何かあるたびに取り崩すようでは投資効果が下がるため、手元に投資に回さないお金を残しておくことが重要と考えています。

では、どれくらい残しておけばいいのでしょうか?

なぜ全額投資ではダメなのか?

人生生きていれば想定しない出費がいかに多いかがわかります。
そして、その都度貯金からお金を引き出してお金を支払いますよね。

この引き出し先が貯金ではなく、投資信託だったらどうでしょうか?

投資信託は日々値段が変わります。
いい時もあれば、悪い時もあります。

もし、お金が必要な時に引き出そうとしたのがリーマンショック後であれば、嫌ですよね。

長期で運用していけば、その後回復したかもしれないのに、お金を引き出せば「損」を確定したことになります。

これでは長期投資はできません。
だから、全額投資するのではなく、お金の一部を手元に残すべきなのですね。

生活費の6ヶ月分は最低でも残しておこう

私は「いくら」ではなく、「生活費」をベースに考えることをお勧めします。

それは、あなたと私の生活費の感覚が違うからです。

私の最低限の生活費が20万円だとしても、あなたの最低限の生活費は30万円かもしれません。

人によって生活のクオリティは違いますので、「自分の生活費」をベースに考える必要があります。

したがって、生活費をベースに考えて、最低でも6ヶ月分、理想は2年分を「生活防衛資金」として残しておきましょう。

なぜ6ヶ月分?

生活防衛資金には、転職、引越し、病気による入院などを想定しています。

例えば、転職をする場合、継ぎ目なく働くことができればいいですが、そうではない可能性があります。

この間の生活費は貯蓄から出すことになります。

このような事を考えると最低でも6ヶ月分、理想としては2年分は残しておきたいところです。

子どもがいる人は、教育資金も残しておこう

子どもがいる場合は、将来大学に行くための費用を別途積み立てるか、残しておきましょう。

大学の費用は文系であれば400万円、理系であれば600万円ほど必要になります。

このうち、半分、もしくは2/3程度を準備しておけば、奨学金や教育ローンを借りずに進学できる可能性が高いです。

投資をして教育費の借金をしていたら何の意味もありませんので、教育費はしっかりと残しておきましょう。

まとめ

あなたが投資を始める理由は、おそらく資産を増やしたいからだと思います。

そうであれば、投資するお金とは別に生活防衛資金はしっかりと確保しておく必要があります。

投資で失敗する人は、だいたい全額投資する人です。

リーマンショック直前の日経平均の17000円ごろに投資した人も、そのままにしていれば今じゃ17000円を超えているわけです。

リーマンショックで我慢できず、8000円くらいで売却した人は多いと言います。

気長に運用できれば、暴落も安値で買えるチャンスと捉えられますので、長期運用するためにも手元の資金は残しておいてくださいね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました