投資って簡単ですか?

投資って簡単ですか?

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

インターネットで投資や運用のことを検索していると「誰でもできる投資法」とか「無理なく運用〜」とかの言葉がすぐに出てきますし、そのような本も山のように出てきます。

果たして、運用や投資というものはそんな簡単なものなのでしょうか?

そんなわけない

一言で言うとそんなわけない。
投資がそんだけ簡単だったら誰も困らないし、世の中に投資関連の書籍や雑誌がこんなに多いわけがない。

世の中には複雑な仕組みをさも簡単な仕組みのようにいう人たちがいます。

もちろん説明上手という部分もあるかもしれませんが、複雑な仕組みというのはどれだけ簡単に説明したところで複雑な仕組みであることに変わりはありません。

これをさも簡単な仕組みのように説明して、わかった気にさせるというのは非常に危険な行為だと思います。
わかっていないのにわかったつもりになるということは、リスクを読み間違えるということです。

僕は、まったく自分で勉強する意思のない人間は株式投資などをしない方がいいと思ってます。
自分がやろうとすることに対するリスクを理解できない人は運用に適していません。

自分のお金が減るかもしれないことに対して、学ぶ意欲がないということですからお金が減っても仕方がないのかなと思います。

リターンの確約をする人はヤバイ

中には、「いくつまでにいくら」みたいな将来のリターンを確約するようなコピーも見受けられますが、これって個人的にはヤバイと思ってます。

だって、投資を始めるときはリターンから考えるのではなく、リスクから考えるべきです。

100万円の原資があった場合に、どれだけ減っても耐えられるかどうか?
ここをしっかり考えておくことが運用を長く続けられるコツです。

ここをしっかりと考えてから、そのリスク許容度に応じてアセットアロケーションを決めていくんです。

リターンから投資商品を選択するなんて、いつか痛い目にあいます。

仮にあなたが何もわからず年利5%のアセットアロケーションを勧められたとして、リーマンショック級の暴落があればおそらく資産は半値になります。

リターン5%をチラつかされて気がつくと半値になるのと半値になるリスクをわかって半値になるのでは意味が違います。
また、半値になった時の行動も違ってくるでしょう。

自分で勉強してみよう

僕が言いたいことは勉強した方がいいということです。

正直、両手放しで運用してくれなんていう人が僕のところに来てもアドバイスできません。
学ぶ姿勢のない人に何言っても無駄なんですよね。

興味があったら本を読む。
多少なりの知識がある方が質問も出てきます。
相談している時に質問ができれば、よりクオリティーの高い相談へとすることができます。

初心者には読みにくいと思いますが、ウォール街のランダム・ウォーカーくらいは読んでおいた方がいいと思います。

[voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]読むためには、ある程度の知識が必要で、かつ500ページくらいあるので読むのに気合はいりますが・・・[/voice]
「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)