圧倒的データで証明!確定拠出年金の運用商品はこう選べ!

圧倒的データで証明!確定拠出年金の運用商品はこう選べ!
この記事を読むことで何がわかる?
  • 確定拠出年金に用意されている商品の種類がわかる
  • 投資信託について理解できる
  • アクティブファンドとインデックスファンドの違いがわかる
  • 何を基準に投資信託を選べばいいかがわかる
  • データで知るアクティブファンドとインデックスファンドの運用成績の差がわかる
  • 実際の投資信託を使った運用成績の差を知ることができる
「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。
確定拠出年金を理解して運用ができるまでの10ステップ 目次
  1. サラリーマン必見!確定拠出年金とは?メリット・デメリットまとめ
  2. 【注意!!】いきなり確定拠出年金の運用商品を選ぶあなたは危険!!
  3. 確定拠出年金の運用力を上げたい人必見!!期待リターンと想定リスクとは?
  4. 分散投資は魔法の方程式。確定拠出年金で運用するなら絶対使おう!
  5. 【確定拠出年金の運用】あなただけのアセットアロケーションはこうやって作れ!
  6. 圧倒的データで証明!確定拠出年金の運用商品はこう選べ!
  7. 誰でも1年に1回のチェックだけで確定拠出年金の運用は上手にできる
  8. 【確定拠出年金】資産配分は、年齢に合わせて変えてますか?年代ごとの資産配分も公開
  9. 確定拠出年金=退職金。知らないと損をする!?受け取り方と税金の関係
  10. 運用しながら受け取ることであなたの老後を救う!!確定拠出年金の出口戦略

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

確定拠出年金の商品を選ぶ時に何を選んだらいいか悩んでいませんか?

でも、確定拠出年金の商品選択って実はめちゃくちゃ簡単なんです。
前回の記事(【確定拠出年金の運用】あなただけのアセットアロケーションを考えよう)までしっかり読んでもらって、自分だけの資産配分(アセットアロケーション)を作り上げれば、あとは資産ごとに商品をはめていくだけです。

しかし、商品にも特徴があるので、今回は商品の特徴や違いなどを説明していきます。

会社に用意されている商品は大きく分けると2つに分類することができます。
その違いをわかるようになると、自分に合わせた商品を選択することができるようになります。

確定拠出年金で投資するなら投資信託しか選べない

確定拠出年金の商品は、どの会社も3種類くらい

確定拠出年金の商品のラインナップは会社によって違いますが、だいたい15〜20商品くらいあります。
その商品を細かく分類すると、こんな感じです。

  • 定期預金
  • 生命(損害)保険
  • 投資信託(株式や債券など)

定期預金と生命(損害)保険は、あなたにもなじみのある商品ですね。
ともに元本割れのリスクが低い商品です。

リスクが低いということは、リターンも望めませんから、お金を増やしたいと思うなら投資信託を選ばないといけません。

では投資信託って、なんでしょうか?

投資信託とは?

投資信託とは、僕たちにとって非常に素晴らしい仕組みで、投資信託のおかげで少ないお金でたくさんの会社や場所に投資をすることができます

例えば、あなたがトヨタの株が欲しいと思った場合、いったいどれくらいの資金が必要になると思いますか?

記事を書いている8/4時点では、トヨタの株価は約5600円です。

『えっ、安!!』と思ったかもしれませんが、株を購入する時には最低何株以上買ってくださいというルールがあります。
タバコを1本ずつ買えないようなイメージですね。

これを単元といいますが、トヨタの場合は単元の単位が100となっているので最低でも100株買わないといけないことになっています。
つまり、トヨタの株を欲しいと思ったら56万円(5600円×100株)も必要になります。

証券会社の中には1単元から購入出来るサービスもあります

これじゃ投資を始めようと思っていてもハードルが高いですよね。
でも、100人でお金を出し合ってトヨタの株を買ったらどうでしょう?

1人5600円のお金があれば、いいですよね。
そして、儲けも損も100人で分け合えば問題なしです。

簡単に言うと、これが投資信託の仕組みです。
投資信託は、みんなでお金を出し合って投資をすることができるんですね。

あと、投資信託の特徴として自分が運用しないという特徴があります。

投資信託はみんなのお金を預かって株式に投資をしていますが、お金を出している人は誰も運用をしません。
じゃあ、誰が運用しているのかというと、投資信託は運用の専門家が運用をしてくれていて、その運用している人のことをファンドマネージャーといいます。

投資信託の仕組み図
投資信託の仕組み図

また、トヨタではイメージしにくいかもしれませんが、一つの会社にだけ投資をしている場合は、その会社が倒産したり不正をしたりした時は大きなダメージを受けてしまいます

でも10社に同じだけのお金で投資をしていたら、一つの会社が倒産してもダメージは1/10です。

このように投資信託は一つの会社だけに投資をするのではなくて、いろんな会社に投資をしています。
どの会社に投資するのかは投資信託によって違うので、それが投資信託の商品の違いとなるんですね。

株式にだけ投資をしている投資信託(株式投資信託)もあれば、比較的安全な債券にだけ投資をする投資信託(公社債投資信託)もあります。

これらは、あなたのリスク許容度に合わせて商品を選んでいけばいいだけです。

会社の確定拠出年金の債券に投資をする投資信託は、どれも大きな違いはない(もしくは1つしかない)のですが、株式に投資する投資信託はどれも大きな違いがあって、どれを選べばいいのか素人目には判断がつきません。

ですので、今から投資信託を大きく2つに分類して、違いや特徴を説明して何を基準に選べばいいのかをお伝えします。

投資信託は、大きく分けると2つに分類できる

株式の投資信託は、大きく分けるとインデックスファンドとアクティブファンドの2つに分けることができます。
この2つのファンドはいったい何が違うのでしょうか?

多くの投資信託の場合、ベンチマークと言って目標を作っています。
このベンチマークと同じ動きを目指すのがインデックスファンド、ベンチマークよりいい結果を出そうとするのがアクティブファンドです。

アクティブファンドの特徴

さきほど、多くの投資信託はベンチマーク(目標)を作っていると言いました。
では何をベンチマークにしているのでしょうか?

多くの場合、指標と言われるもので日本であれば『日経平均株価』とか『TOPIX』です。

  • 日経平均株価・・・日経新聞社が選ぶ日本を代表する225社の株式の値段を平均した数字です。
    日経平均は、投資をしたことない人も聞いたことはあるかと思います。
  • TOPIX・・・東証1部に上場している約1900社くらいの株価をもとに決められた数字です。

これらベンチマーク以上のリターンを狙うのが、アクティブファンドです。

アクティブファンドは、ファンドマネージャーの実力で結果が決まります。
いいファンドマネージャーならベンチマークよりもいい結果を出せますし、良くないファンドマネージャーならベンチマークよりも悪い結果となります。

『日経平均株価』とか『TOPIX』などのベンチマークよりも良い結果を出そうとファンドマネージャーは頑張ります。

もっと株価が上がりそうな企業はないか?株価の下がりそうな企業は売っておこうか?なんてことを毎日調査などをしています。

このようにファンドマネージャーは頑張って調査などもしているので、その分費用が多く必要になります。
こんなに頑張っているんだから、それなりに報酬は必要ですよね。

なので、アクティブファンドはベンチマークに勝とうとしているので費用が多く必要になります
これがアクティブファンドの特徴です。

しかし、注意をしないといけないのは全てのアクティブファンドがベンチマークに勝てるわけではありません。

努力してもそれが全て結果につながるわけではないですよね。
それと一緒でベンチマークに勝てないアクティブファンドもあります

これについては後で詳しくお話しします。

インデックスファンドの特徴

インデックスファンドはベンチマークを決めると、それと全く同じ結果を目指します。
高くなるわけでもなく低くなるでもなく、全く同じ結果を出そうとするわけです。

例えば、日経平均株価のインデックスファンドなら『ニッセイ 日経225インデックスファンド』、TOPIXのインデックスファンドなら『<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド』などが代表的です。

インデックスファンドはアクティブファンドと違ってコストが低いことが特徴です。

なぜコストが低いのか?
これはイメージするとわかりやすいです。

例えば、日経平均株価をベンチマークにした投資信託の場合、同じ結果にするにはどうすればいいでしょうか?

答えは簡単です。
入れている会社や割合を全部真似すれば良いだけです。
日経平均株価と全く同じようになるように真似して投資信託を作れば完成します。

アクティブファンドはベンチマークに勝つために調査もするし、まめに売り買いをして利益を上げようとします。

それに比べると手間暇はかかってませんよね。
だから、費用が少なくて済むのでコストが低くなります。

なので、インデックスファンドは、ベンチマークと同じ結果を目指しコストが低いことが特徴です。

アクティブファンドとインデックスファンドの違い

  インデックスファンド アクティブファンド
メリット
  • コストが低い
  • シンプル
  • 平均以上の結果を出せる可能性がある
デメリット
  • 平均以上の結果は出せない
  • コストが高い
  • 平均以下の結果の可能性がある

インデックスファンドとアクティブファンドは、どっちがいいのか?

では、アクティブファンドとインデックスファンドはどっちがいいのでしょうか?

正直、これは好みにもよります。
しかし、個人的な意見を言わせてもらうなら、僕はインデックスファンドをオススメします

どっちの方が良い結果を出してくれるのかは多くの学者が調べていて、多くの検証結果はインデックスファンドの方が良い結果となることを証明してます。

その検証結果をいくつか紹介します。

多くのアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない

アメリカでも多くの検証結果が出ているのですが、今回は日本で検証されたデータを使います。
使うのはみずほ年金研究所のデータです。

このデータでは2004年〜2008年の5年間でアクティブファンドとインデックスファンド合わせた168本の結果を検証しています。

168本の内訳
アクティブファンド149本
インデックスファンド18本
絶対リターン戦略1本

コストの分だけベンチマークに負けている

まず、アクティブファンド149本がベンチマークであるTOPIXと比較してどうだったのかを見てみましょう。
※スマホの方は横にしてもらえると全部見えるようになります。

対ベンチマーク 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 5年間通算
プラス
113 115 61 57 35 73
75.80% 77.20% 40.90% 38.30% 23.50% 49.00%
マイナス
36 34 88 92 114 76
24.20% 22.80% 59.10% 61.70% 76.5 51.00%
TOPIX
(配当込み)
1.42% 47.85% 0.29% -28.05% -34.78% -6.73%
ファンドのパフォーマンス
単純平均
4.81% 53.73% -2.76% -28.31% -36.87% -6.83%

この表は、各年にプラス(マイナス)になった投資信託がいくつあったかをみることができます。
2004年だったら、プラスの投資信託が113本あったということですね。

そして、下2行がベンチマークであるTOPIXとアクティブファンド149本の平均の結果を比較したデータです。

ファンドのパフォーマンスの5年間の平均はマイナス6.83%でした。
ベンチマークであるTOPIXはマイナス6.73%でした。

つまり、アクティブファンドはベンチマークであるTOPIXにマイナス0.1%負けているということになります。

しかも、このデータは投資信託のコストを引く前のデータです。

アクティブファンドは特徴としてコストが高いんでしたよね?
ということは、コストがかかっているので本当はもっと悪い結果だということになります。

勝てるアクティブファンドをどう選べば良いのか?

さっきは平均のデータでした。
では、勝てるファンドマネージャーが運用している投資信託だったらどうなんでしょう?

平均とはどちらか(良い方か悪い方)のデータに引っ張られるので、良い結果を出していたファンドのみに注目してみましょう。

2004年〜2008年の5年間で通算成績が良かった上位5位までのアクティブファンドの各年の成績を見てみたいと思います。

下の図を見てください。
※スマホの方は横にしてもらえると全部見えるようになります。

通算順位 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度
1位 81位 168位 117位 1位 1位
2位 5位 165位 134位 10位 3位
3位 53位 166位 118位 3位 2位
4位 16位 4位 94位 36位 64位
5位 17位 162位 3位 21位 4位

5年間で通算成績が一番良かった投資信託は、2004年から順番に81位→168位→117位→1位→1位となっています。
2007年と2008年は1位と素晴らしい結果ですが、2005年位は全ての投資信託の中で最下位の結果となっています。

他の投資信託も一貫して良い成績を出しておらず、結果はバラバラです。

これじゃ、いいアクティブファンドをどうやって見つけたら良いかわからないですよね。
最下位になった投資信託がまさか1位になるなんて思いもしないでしょう。

このように、アクティブファンドは全体的にはインデックスファンドに勝てない傾向があると覚えておいてください。

もちろん良いアクティブファンドを見つけることができれば良い結果を出せますが、検証結果を見る限り、よほどの才能がなければ勝てるアクティブファンドを見つけることは困難だということがわかりますよね。

では、最後にインデックスファンドの歴史を見てみましょう。
ここからもインデックスファンドが確定拠出年金にとって、どんな立場かわかります。

インデックスファンドの歴史

実はインデックスファンドの歴史は浅く、アメリカで40年前に誕生しました。
それまではアクティブファンドしかありませんでした。

ある偉い学者さんが『市場全体に投資するのが一番効率的だ』と言い出したんですね。
市場全体とは、さっき出てきた日経平均株価とかTOPIXだと思ってください。

そんな言葉がきっかけで登場したインデックスファンドも最初は全く人気がなかったそうです。
今までアクティブファンドしかない時代に突然現れたインデックスファンドですから、受け入れられなかったのでしょうね。

登場後、マイナーだった存在のインデックスファンドは少しずつ注目されるようになります。
それは、その時のアメリカの市場全体が上昇していたことなども関係しているのですが、その理由の中にアメリカで確定拠出年金の導入が始まったことも関係しています。

日本は国民の金融理解レベルはアメリカの周回遅れ以上ですが、今日本でもインデックスファンド市場は拡大していっています。

また、いろんな企業の確定拠出年金の商品ラインナップを見てビックリしたのですが、インデックスファンドが大多数を占めているということです。

証券会社などで投資信託を買おうと思うとインデックスファンドは全体の1割程度ですが、そんな中確定拠出年金はインデックスファンドが7割、8割を占めています

投資大国アメリカでも確定拠出年金ではインデックスファンドを利用されている傾向があり、それにならうように日本の確定拠出年金でもインデックスファンドが主流とされていることは言うまでもありませんね。

とある会社の確定拠出年金にある投資信託のデータを比較してみよう

では、最後にとある会社の確定拠出年金のラインナップにあった日本株式アセットの3商品を比較してみましょう。

比較する商品は以下の3つです。

  • 年金インデックスF日本株式
    信託報酬 0.18%
  • ニッセイ日本株ファンド
    信託報酬 1.08%
  • フィデリティ・日本成長株・ファンド
    信託報酬 1.65%

商品名にもある通り、インデックスF日本株式はインデックスファンドです。
残り2つはアクティブファンドです。

信託報酬とは、運用している間に必要なコストです。
運用はファンドマネージャーがやってくれているので、そういった人たちに払わないといけないコストですね。

では、下の図を見てください。
これは2004年12月を100として2016年7月までのリターン(信託報酬を差し引き後)をグラフにしたものです。

3ファンド比較
3つともあんまり変わらないですね

オレンジがニッセイ日本株ファンド
黄緑が年金インデックスF日本株式
がフィデリティ・日本成長株・ファンドです。

正直、そんなに変わらないですよね。

なんだったら、アクティブファンドのひとつ『フィデリティ・日本成長株・ファンド』は、随所随所で他に負けている部分が多いですよね。

このようにアクティブファンドは信託報酬が高い分、頑張ってインデックスファンドに勝ってもコスト分リターンが下がります

この3つは現状はどれも大きく結果は変わりませんが、さきほどのみずほ年金研究所の調査結果のように勝てないファンドも少なくありません。

そして、勝てるファンドなのか勝てないファンドなのかは見分けをつけることが難しいので、僕はインデックスファンドがお勧めというよりアクティブファンドはお勧めできないというのが意見です。

まとめ

確定拠出年金の商品ラインナップは10〜20と証券会社などで投資信託を選ぶ時に比べるとかなり少ないですが、それでも判断基準がないと選ぶことは難しいです。

なので、まずは自分のリスク許容度に応じて資産別の組み合わせ(アセットアロケーション)を作り、そのあとに投資信託を資産ごとに当てはめてください。

この順番でするとめちゃめちゃ簡単に投資信託を選べますし、株式相場が良くない時も不安が少なくなります。

ここまですると投資信託を選ぶ時に考えないといけないのは、インデックスファンドかアクティブファンドなのか?だけです。
この2つの特徴だけを踏まえて選択をしてくださいね。

次の記事誰でも1年に1回のチェックだけで確定拠出年金の運用は上手にできる 

確定拠出年金を理解して運用ができるまでの10ステップ 目次
  1. サラリーマン必見!確定拠出年金とは?メリット・デメリットまとめ
  2. 【注意!!】いきなり確定拠出年金の運用商品を選ぶあなたは危険!!
  3. 確定拠出年金の運用力を上げたい人必見!!期待リターンと想定リスクとは?
  4. 分散投資は魔法の方程式。確定拠出年金で運用するなら絶対使おう!
  5. 【確定拠出年金の運用】あなただけのアセットアロケーションはこうやって作れ!
  6. 圧倒的データで証明!確定拠出年金の運用商品はこう選べ!
  7. 誰でも1年に1回のチェックだけで確定拠出年金の運用は上手にできる
  8. 【確定拠出年金】資産配分は、年齢に合わせて変えてますか?年代ごとの資産配分も公開
  9. 確定拠出年金=退職金。知らないと損をする!?受け取り方と税金の関係
  10. 運用しながら受け取ることであなたの老後を救う!!確定拠出年金の出口戦略
「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)