これから大切なのは「自分力」

これから大切なのは「自分力」

この3連休に2月に予定している高校生への講演の準備をしています。
その後には、消費者センターでのセミナーがあり、ネタ作りをしないといけないので脳みそが汗かいてます。
このようなFPと縁のない仕事もさせていただいているのですが、以前とあるFPさんにこんなことを言われました。

「井上くん、仕事は選ばない駄目だよ。FPなんだから」

おっしゃる通りだと思います。
でも、それってどうなのかなと思うんです。
FPだからってFP業務しかしないのもどうかと思うんです。
僕の中でFPは認知のされていない職業です。
そして難しい言葉を使い、近寄りがたいイメージです。

僕はそんなFPにはなりたくない。

もっとFPを身近な存在にしたい、という想いがあります。
ライフプランだってアプリで作れるそんな時代にしたいと思っています。
だから概念に囚われず自分軸に沿って、好きなことをして身近なFPになります。
自分軸をしっかりしていれば必ずFPにつながると信じています。

自分力の時代

これからの時代、概念に囚われていては時代に取り残されます。
パソコンの語源って時代を表していると思います。
昔、コンピューターは部屋1つないと使えないような代物でした。

ところが技術の進歩で、一人一台持てる時代になりコンピューターはパーソナルな存在となりパーソナルコンピューター、パソコンと言われるようになりました。
ラップトップは膝の上でも使えるからラップトップ(膝の上)と呼ばれますね。

インターネットが世界を変えた

昔の人は一人一台の時代が来るなんて想像できたでしょうか?
また携帯電話の初期(肩からでかい電話をぶら下げていた時代)を知っている人は、今の携帯電話事情を想像できたでしょうか?
そんなすごい時代に僕らは生きています。
インターネットのおかげで、進歩のスピードはとてつもないことになっています。

今の時代、電化製品は一人で作れるようになりました。
自分でデザインをして、基盤もネットで注文し、3Dプリンターで外側を作り、試作品を作り、問題なければ外注先で大量生産する。

そんな時代です。
全てインターネットの力です。

20年で世界は変わる

昔は、大量に物が売れる時代でした。
だから電機メーカーは大量に人を雇い、工場を作り、大量生産することでコストを下げるのがセオリーでした。

それから20年が経ち時代は変わりました。

人や工場などの固定費は会社を圧迫するものへと変わりました。
反対に小回りの効く人が勝つようになりました。

たった20年でこれだけ時代は変わります。

昔の考え方は通用しない

これから社会に出る人は選択基準が難しくなってきています。
昔は、いい大学に入り、いい会社に入れば自然に給料が上がるシステムでした。
今は、いい会社に入ってもいつ倒産するかわかりません。
昔ほどシンプルな構造ではなくなったんですね。
そこで必要なものが「自分力」だといつも言っています。

「自分力」があれば、時代に対応できる

「自分力」って簡単にいうと「しっかりとした軸を持つ」ということなんですね。
しっかりとした軸があれば、何をしていたとしてもブレることはありません。
僕は、これから企業の人材の奪い合いが加速すると考えています。
極論、終身雇用がなくなり全員が契約社員になる可能性も十分にあると考えています。
能力にある人材は望む報酬と仕事を選ぶことができる。

逆は・・・言わずともわかりますよね。
そうなった時でも「自分力」があれば、対応することができます。

明日、会社から解雇を言い渡されたらどうしますか?

もう大手に入っているから安心なんてことはありません。
全ての会社がベンチャー企業です。
そんな中、解雇されて途方にくれるということがないよう、現状に満足せず常に「自分力」を高めることが重要ではないでしょうか?

まとめ

これからは、怖くもワクワクが多い時代です。
自営業の僕から見ると、なんでもできる素晴らしい時代です。
サラリーマンの方は不安の多い時代だと思います。
そんな中ブレることのない「自分力」をつけて欲しいと思います。

これから社会に出る高校生に少しでも「夢」や「やりがい」について伝えることができればと、講演内容を考えています。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)