比べる必要などはない。自分らしさを持とう!

比べる必要などはない。自分らしさを持とう!

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

僕はファイナンシャルプランナーとして『自分らしく生きる人を支援したい』という気持ちを持っています。
自分らしさとは周りの価値観に流されず、自分がこう思ったことを大切にすることです。

これは非常に勇気のいることですが、自分らしく生きるというのは慣れてしまえば絶対に楽だと思うんです。

また、自分らしく生きるためにはどうすれば良いか知りたくても、周りと違うことを選択するわけですので相談する相手も少ないはずです。
そんな人たちにとって役に立つファイナンシャルプランナーでありたいと思っています。

比較すれば出口のない争いが待っている

自分らしく生きるという意味は世間の価値観に流されないということです。
お金持ちだから良い家に住んで良い車に乗って良い服を着る、といったことをしない選択をするということです。
正確には、しないという選択肢を持っているということですね。

仮にあなたがお金持ちになったとして高級住宅街に住んだとすれば満足度は上がるでしょうか?

では、実際にイメージしてみましょうか。
芦屋でも白金台でも、なんだったらビバリーヒルズでもいいですよ笑

世間が憧れる高級住宅街です。
あなたは努力をして得た収入で高級住宅街に住むのです。
もちろん家具にもこだわりヨーロッパの素敵なデザインの家具を揃えて、客間なんかも用意してあなたの思い描く最高の家です。

あなたがそれほど裕福ではなかった頃の友人は、きっとあなたに憧れるでしょうし、あなたも自己顕示欲を満たすことができるでしょう。

しかし、それでもその満たされた自己顕示欲はどこかへ消え去ってしまいます。
それはなぜか?

理由は簡単です。
あなたは普通の住宅街から高級住宅街へ移り住みましたが、高級住宅街の中で見れば、あなたは所得は低い方で、家も小さく、周りと比べるとみずぼらしい生活だからです。

今までは普通の住宅街が比較対象だったのにそれが高級住宅街が比較対象になったことで終わった競争がまた始まるのです。

日本で見れば、所得層の上位1割に入ろうとも決して終わらない戦いです。

少し極端な例ではありましたが、人の価値観で生きるということは同じようなことだと思います。

「〇〇さんは、もっと広い家に住んでいる」とか「〇〇さんは、あれも持っている」とかって言い出すとキリがありません。
向上心とは別に「ここらへん」という気持ちが必要です。
この「ここらへん」を決めるのが、自分らしさではないでしょうか。

資本主義社会は人の欲望を利用する

欲望に貪欲なことは資本主義的ではありますが、そこにゴールはありません。
だって欲望がある限り、資本主義は発展し、望むものを提供してくれるからです。

僕は資本主義は問題もあるが、現状では一番まともな仕組みだと思っているのですが、限度があります。

『自分らしさ』を持って生きることは資本主義と上手に付き合う方法でもあります。

保険の営業の人に「みなさん、だいたいこれくらい加入されてます」とか
不動産会社の営業の人に「〇〇さんくらいの収入レベルなら、みなさんこれくらいの価格帯を購入されてます」とかに惑わされないでください。

大切なことは「あなたにとってどうなのか?」であり、「みんなの平均」ではありません。
『自分らしさ』という判断基準をしっかり持ってください。
そして『自分らしく』生きる上で相談したいことがあったら、ぜひご相談いただければと思います。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)