【書評】フランス人は10着しか服を持たない

【書評】フランス人は10着しか服を持たない

こんにちは、井上FP事務所の井上です。。

今日は、先日読んだ『フランス人は10着しか服を持たない(著 ジェニファー・L・スコット)』の感想などを書いていきたいと思います。

日本人全員に読んで欲しい本

僕は毎月3〜5冊くらいのペースで本を読んでいますが、そのほとんどが経済系の本です。しかし、経済系の本ばかり読むのではなく月に1冊は経済とまったく関係のない本を読もうと心がけています。

そして、そんな本の中で読みたかったのが『フランス人は10着しか服を持たない』でした。

いつか読もういつか読もうと思っていたら、うちの奥さんが読みたいと言い出したので奥さんに読ましてあげよう(正確には読んで欲しい笑)と思い、買ってあげて奥さんが読んだ後に僕も読みました。

著者が女性という事もあり、ファッションやメイクなど女性目線で書かれている部分も多いのですが、それでも男性が読んでも十分に面白い内容でした。

個人的には日本人全員がこの本を読んで欲しいと思います。
特に女性の方には読んで欲しいなと思います。

ちなみに、この本に出てくる内容を全部できる女性が現れたら、僕は心を奪われない自信がありません笑

心を豊かに生きる

この本で言いたい事というのは、簡単に言うと物質主義に踊らされるのではなく、今の自分に合った生き方をし、毎日に満足して生きるという事だと思います。

タイトルがキャッチーなため、多くの人が10着で着回す事なんて出来ないと言いますが、この本の言いたい事はそういうことではありません。
著者がホームステイした先の家族の生き方を理解していくと、10着で着回すことにつながるのだと思います。

この本の中では、フランス人の多くはないものをねだるのでなく、今ある中でどう生活を満たしていくのかという考え方をしています。

これは非常に大切な考え方で、これだけ便利な社会で物質主義に踊らされていてはどれだけお金があっても足りません。
むしろ、今ある収入の中でどう生きるかを考え、より質の高い生き方を追求する方がよほど幸せだと思います。

世間では今ミニマリストというのが流行っていますが、それも同じ考え方でしょう。
とはいえ、個人的にはミニマリストは一種のブームだと思います。

日本では今あるものの対極がブームになる傾向があります。
ノンシリコンとかもそうですよね。
シリコン入りのシャンプーが良くないと聞くと、全くシリコンの入っていないノンシリコンが流行ります。
でも美容師さんに聞くとシリコン自体は悪いものではないから、全く入ってないのも良くないそうです。

結果、今ではノンシリコンのCMって前ほど見なくなりましたよね。
やっぱり、対極のものが出てくるときはブームの可能性が高いです。

日本には「いい塩梅」という言葉がある通り、ちょうどいい具合が一番いいと思います。

少し脱線しましたが、今の日本人にとって超消費社会ではなく、自分らしく質のいい生き方を追求する方がいいと思う僕には共感の多い本でもありました。

経済的に豊かになっても心が豊かにならなければ本当の意味で豊かとは言えません。
そういう意味では、フランス人は心豊かに毎日を楽しんでいるのだろうなと思います。

実践していく

もともと僕はこの本にあるような生活に近い生活をしています。
間食もしなければジュースも飲まず、ひたすら水だけ。
ぶっちゃけコンビニがなくなっても何一つ生活に支障はありません。

服も1年間に1着買うか買わないかの生活でできるだけ質のいいものしか買わないと心がけていますが、それでもまだまだ改善の余地はあったので、これから実践していこうと思う。

特に30代になったという事で、これまでとは違う自分らしさを表すファッションをしていくためにワードローブである10着を選択し、これから作り上げていく。

手始めに持っている服を断捨離してみました。
特に服を片付ける場所がないとかで困っているわけではなかったのですが、今の自分に合っているのか?という観点で必要かどうかを断捨離したら、ポリ袋3つを満タンにするくらい断捨離できました。

断捨離
ポリ袋がパンパン

この中には、まだ着るかも・・・とか、思い出の・・・とかもありましたが、思い切って断捨離しました。
これでワードローブ10着にだいぶ近づいたと思います。

うちの奥さんは・・・

ちなみにうちの奥さんは、読んだ後も何も変わった様子はなく、人はそんな簡単に変わらないんだなと教えてもらいました。
少しは、ものを捨てられない性格が治ればいいなと思ってプレゼントしたのですが、効果はありませんでした・・・

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)