【財務諸表の見方】キャッシュフロー計算書でお金の流れがわかる

【財務諸表の見方】キャッシュフロー計算書でお金の流れがわかる

過去2日にわたり、バランスシート、損益計算書の解説をしました。
今日は財務諸表の最後に1つであるキャッシュフロー計算書について説明します。
この3記事で財務諸表についてざっくり理解できますね。

[kanren postid=”1517,1541″]

キャッシュフロー計算書は、会社のお金の流れがわかる

キャッシュフロー計算書は、3つのキャッシュフローがある

キャッシュフロー計算書とは、その名のとおりキャッシュ(現金)のフロー(流れ)がわかります。
つまり、キャッシュフロー計算書を見ることでその会社のお金の流れがわかります。
家庭でいうところの家計簿みたいなものですね。

具体的にはキャッシュフロー計算書は3つに分かれています。

  1. 営業キャッシュフロー(営業CF)
  2. 投資キャッシュフロー(投資CF)
  3. 財務キャッシュフロー(財務CF)

なぜ、この3つに分かれているのでしょうか?
これは、バランスシートの記事でもお話ししたとおり、会社は①お金を集めて②投資をして③利益を上げることが目的です。
以下の図のような流れです。

会社のお金の流れ

つまり、

  1. 「お金を集める」は財務CFでチェック
  2. 「投資をする」は投資CFでチェック
  3. 「利益を上げる」は営業CFでチェック

このように会社のお金の流れをチェックすることができます。
では、具体的に見ていきましょう。

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローでは、会社がどのように利益を上げているかを現金の流れとしてチェックできます。
ここは単純に儲けの内訳です。
本業の利益はもちろん、利息受け取りや利息支払いなど損失や収益などは全てここに書かれます。

投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローでは、会社が何に投資したか現金の流れとしてチェックすることができます。
工場を建てた、株式を買った、売ったなどがここに書かれます。

財務キャッシュフロー

財務キャッシュフローでは、会社がどのようにお金を集めたのかを現金の流れとしてチェックすることができます。
銀行からお金を借りたのか、利息をどれだけ返したのか、などがここに書かれます。

バランスシートや損益計算書と何が違うの?

ここまで読んで、バランスシートや損益計算書と何が違うの?と思われた方もいるのではないでしょうか?
バランスシートでは、会社の資産や負債が見れますし、損益計算書では儲けを見れるからキャッシュフロー計算書はいらないんじゃないの?と思われたのではないでしょうか?

確かに、おっしゃるとおりです。
しかし会計上のお金と手元のお金の金額が必ずしも一緒とは限らないのです。

減価償却費など独自のルールがある

会計上のお金と手元のお金の金額が違うとは、どういうことでしょうか?
そのズレを生む代表的なものとして減価償却費を見ていきましょう。

例えば、10億円の工場を作ったとしましょう。
そして10億円一括で支払ったとします。これで10億円の費用が払った年の費用として計上されるはずです。
しかし、その工場は今年だけではなく将来にわたってずっと使っていく工場ですよね。
単年度の利益を生み出すために10億円かかったのではなく、来年以降の利益を生み出す費用が10億円に含まれているはずです。

そこで、会計上では10億円の工場の費用は今年だけではなく将来にわたって数年に分けて費用にするべきだ!と考えました。
10年に分ければ、1年で1億円の費用ですね。

するとどうでしょう?
現金としては、10億円払ったはずなのに損益計算書には1億円の費用が計上されるのです。

これだけで9億円のズレが発生します。
このように会計上独自のルールなどがあるため、損益計算書やバランスシートだけでは現金の動きを見ることができません。
なので、キャッシュフロー計算書という現金の動きのみを見る財務諸表があるのです。

まとめ

キャッシュフロー計算書は、バランスシートや損益計算書では測ることのできない現金の流れを知ることができるのですね。
現金の流れを知ることは非常に大切です。

「黒字倒産」という言葉を聞いたことがありますか?
黒字なのに倒産するのです。なぜでしょう?

では、簡単な例を出しましょう。

今が仮に1月だとします。
そして、あなたは50万円の現金を持っていて、商品を100万円仕入れました。
商品の仕入れのお金の支払いは、来月の2月末でいいと言われます。
そして、2月に見事商品を200万円で販売し、100万円の利益です。
しかし、商品の売上のお金は売り上げた月の来月、つまり3月末に受け取ることとなりました。

この場合、2月末に100万円払わないといけないのに50万円しか手元になく支払いができなくなります。
会計上では、利益100万円と現金50万円があるので黒字のはずです。
しかし、現金が足らず・・・ということになります。

キャッシュと会計の違い
キャッシュフローと会計の違い

上記の例は極端な例ですが、このように会計上の数字も大切ですが、手元に現金があるということは非常に大切です。
会社のお金は、思っている以上に「後で支払う」「後で貰う」が多いのです。
実は、このキャッシュフロー計算書を見ることで会社の状態を知ることもできます。
それについては、次回お話ししますね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました