分散投資は魔法の方程式。確定拠出年金で運用するなら絶対使おう!

分散投資は魔法の方程式。確定拠出年金で運用するなら絶対使おう!
この記事を読むことで何がわかる?
  • 分散投資の必要性を理解することができる
  • 分散投資のポイントの一つである相関性について理解できる
  • リターンを下げずにリスクだけを下げる方法を知ることができる
「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。
確定拠出年金を理解して運用ができるまでの10ステップ 目次
  1. サラリーマン必見!確定拠出年金とは?メリット・デメリットまとめ
  2. 【注意!!】いきなり確定拠出年金の運用商品を選ぶあなたは危険!!
  3. 確定拠出年金の運用力を上げたい人必見!!期待リターンと想定リスクとは?
  4. 分散投資は魔法の方程式。確定拠出年金で運用するなら絶対使おう!
  5. 【確定拠出年金の運用】あなただけのアセットアロケーションはこうやって作れ!
  6. 圧倒的データで証明!確定拠出年金の運用商品はこう選べ!
  7. 誰でも1年に1回のチェックだけで確定拠出年金の運用は上手にできる
  8. 【確定拠出年金】資産配分は、年齢に合わせて変えてますか?年代ごとの資産配分も公開
  9. 確定拠出年金=退職金。知らないと損をする!?受け取り方と税金の関係
  10. 運用しながら受け取ることであなたの老後を救う!!確定拠出年金の出口戦略

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

会社で行われる確定拠出年金の説明会で、分散投資が大切ですよーなんて聞いたことありませんか?
実際に確定拠出年金のように何十年と続ける投資の場合、分散投資が大切です。

なんとなく分散投資が大切と聞いているからいくつもの投資信託に分散しているというあなた。
それ、もしかすると意味のない分散投資かもしれませんよ。

分散投資の効果は、なんとなく知っているレベルよりしっかりと理解しておく方が良いので、これを機に理解しておきましょう。
では、さっそく分散投資の必要性からお話ししていきます。

分散投資でブレ幅を抑える

傘屋さんとサングラス屋さん

あるところに傘を売っているお店とサングラスを売っているお店があったとしましょう。
この2つのお店が売っているものは、天気に左右されます。
傘が売れるのは雨の日、サングラスが売れるのは晴れの日です。
またお店がある場所の天気も年によっては雨が晴れより多かったり、晴れより雨の日が多かったりと不安定です。

もし、あなたが100万円を持っていて、どちらかの会社に投資をしないといけないとなるとどちらを選びますか?
どっちを選んでも、天気によって売り上げが変わってしまうので、良い年と悪い年の差が激しく難しい判断になりますよね。

では、50万円を傘屋さん、50万円をサングラス屋さんに投資するのはどうでしょうか?
晴れが多い年は傘屋さんの売り上げはイマイチですが、サングラス屋さんの売り上げは好調です。
逆の年も同様です。

このように傘屋さんとサングラス屋さんに分散して投資することによって、毎年安定的なリターンが得られますよね。

このように投資をしてリターンがバラついてしまうことを防ぐのが分散投資の効果です。
また、投資の世界ではバラつきの大きさが大きいほど、リスクが高いと言います。

リスクとは一般的には「危険」を指しますが、投資の世界では「不確実性」や「ブレ幅」をリスクというので覚えておいてくださいね。

同じ動きをするかどうかは、相関係数を見れば良い

先ほどの傘屋さんとサングラス屋さんは、天気によって売り上げが真逆になりましたよね。
もし、この2つの会社が上場していたら、株価はきっと真逆の動きになっているはずです。

傘屋とサングラス屋さん
株価は逆の動きになる

このように会社や資産同士に関係性があるかどうかを相関性があるかどうか、と言います。
この相関性があるかどうかをいちいち自分で比べるのは大変です。

そんな時に便利な指標があります。
それが相関係数です。

全然難しいことはなくて、相関係数はすごくシンプルな指標です。

相関係数が1に近い
比較している2つは同じような動きをする
相関係数がー1に近い
比較している2つは反対の動きをする
相関係数が0
比較している2つはまったく関係性のない動きをする

では、上の相関係数を見て、傘屋さんとサングラス屋さんの関係を相関係数で表すなら、いくらになるでしょうか?
天気によって売り上げがまったく逆になりますから『ー1』ですよね。

相関係数を考えない分散投資に意味はない

ここでなぜ相関係数の話をしたのかというと、分散投資をするとしても相関係数が1に近いもの同士で分散投資をしても効果がないということをわかってほしいからです。

例えば、さきほどの傘屋さんとサングラス屋さんに分散投資をしたように、日傘屋さんとサングラス屋さんに分散投資をしたと考えてみてください。
この場合、分散投資の効果はありますか?

多分、あんまり効果ないですよね。
だって、日傘もサングラスも晴れていないと必要ないものなので、雨が多い年は2つも会社とも売り上げは低くなるはずです。

この2つの相関係数は、限りなく『1』に近くなります

このように相関係数が1に近いもの同士に分散して投資をしても、それはほとんど意味のない分散投資となります。

実際に僕が過去に相談を受けていて多かったのは、分散投資をしているつもりでできていないです。
分散投資が大切だから、バラバラの投資信託を組み合わせてます!って言われる方ほど相関性をわかっていないので、事実分散投資となっていないんです。

これじゃ全然リスクを抑えられていないですよね。
相関性を難しく考える必要はないのですが、分散投資には相関性が大切ということだけ覚えておいてください。

リスクだけ下げられるのが、分散投資のすごいところ

相関性という考え方を理解できたところで、正しい分散投資をすることで得られる分散投資のすごい効果をお話ししたいと思います。
分散投資は、リターンを下げずにリスクだけを下げることができます

リスクが低くリターンも低い資産Aとリスクが高くリターンも高い資産Bがあったとしましょう。

分散効果説明1
グラフで表すとこんな関係

この2つを組み合わせて分散投資をしてみましょう。

ちなみに、資産を組み合わせることをアセットアロケーションと言います。
アセットとは「資産」、アロケーションは「配分」という意味です。

では、もし上図の資産Aと資産Bの相関係数が1だったら、どうなるでしょうか?
相関係数1とはまったく同じ動きをする関係です。

この場合、資産Aと資産Bの組み合わせ比率をどのようにしても、あなたが選んだアセットアロケーションは資産Aと資産Bを直線でつないだ線上のどこかに位置します。

分散効果説明2
どう組み合わせても、この線上のどこかになる

資産Aの占める割合が多ければ、A寄りの場所になりますし、資産Bが占める割合が多ければB寄りの場所になります。

例えば、資産Aを60%、資産Bを40%にした場合は、下の図の黄色の位置になります。

分散効果説明6
この場合のアセットアロケーションは黄色の位置になる

これでは、どう組み合わせてもリスクとリターンが同様に上下するので、分散効果はありません

では、相関係数が0だった場合はどうなるのでしょうか?
相関係数が0ということは、全く関係性のない動きをします。

相関係数が0の場合は、下のグラフのオレンジの線上のどこかになります。

分散効果説明3
相関係数が0の場合は、オレンジ色の線上のどこかになる

さっきとは違って、少し変わった形になりましたよね。

なんでこんな形になるの?と思ったかもしれませんが、ここはあまり難しく考えずにそうなるんだと思ってください。
ちなみに、実際にエクセルを使って計算してもこんな形になります。

あと、このグラフを見て何かに気づきませんか?






資産Aと同じリスクなのに、リターンだけ高くなっている部分がありますよね?

分散効果説明4
紫の点になる組み合わせは資産Aよりリターンが高くなる

これが分散投資の効果です。
この魔法のような理屈が本当に存在します。

これの効果に注目した人は、ハリー・マーコウィッツという人で、この人が現代ポートフォリオ理論という確定拠出年金の運用の基盤となる理論を考えました。
ちなみに、1990年にノーベル経済学賞も受賞しています。
数学的にも証明されたこの効果は、相関係数が低くなればなるほどリスクが下がります。

分散効果説明5
相関係数が低くなるほど、リスクが低くなる

上のグラフの紫色は資産Aと資産Bの相関係数が『ー0.5』水色は相関係数が『ー1』の場合です。

まとめ

相関係数という言葉は、あまり聞き慣れていないと思いますが、難しく考えずに相関係数が低ければ低いほど、分散投資の効果は大きくなるんだと、覚えておいてください。

自分のリスク許容度さえわかってしまえば、リスク許容度に合わせて運用先を選択するだけですが、その時に相関係数の低い組み合わせを作ることで リスクを変えずに少しでもリターンを高めることができるということですね。

次回は、実際に各資産の期待リターンと想定リスクを使って、いくつかのアセットアロケーションを見ていきましょう。

次の記事【確定拠出年金の運用】あなただけのアセットアロケーションはこうやって作れ!

確定拠出年金を理解して運用ができるまでの10ステップ 目次
  1. サラリーマン必見!確定拠出年金とは?メリット・デメリットまとめ
  2. 【注意!!】いきなり確定拠出年金の運用商品を選ぶあなたは危険!!
  3. 確定拠出年金の運用力を上げたい人必見!!期待リターンと想定リスクとは?
  4. 分散投資は魔法の方程式。確定拠出年金で運用するなら絶対使おう!
  5. 【確定拠出年金の運用】あなただけのアセットアロケーションはこうやって作れ!
  6. 圧倒的データで証明!確定拠出年金の運用商品はこう選べ!
  7. 誰でも1年に1回のチェックだけで確定拠出年金の運用は上手にできる
  8. 【確定拠出年金】資産配分は、年齢に合わせて変えてますか?年代ごとの資産配分も公開
  9. 確定拠出年金=退職金。知らないと損をする!?受け取り方と税金の関係
  10. 運用しながら受け取ることであなたの老後を救う!!確定拠出年金の出口戦略
「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)