インデックスファンドとアクティブファンドの違いとは?

インデックスファンドとアクティブファンドの違いとは?

今日は投資信託について簡単に説明をしていきたいと思います。
個人的には、一個人が資産形成をするのであれば、投資信託とETFのみで十分と考えています。
株式投資で遊びたいのであれば、個別銘柄で運用されても良いかと思いますが・・・

ETFについては、また紹介しますが今回は投資信託についてお話ししたいと思います。
投資信託は、あらゆる商品の投資信託があります。
株式、債権、商品(金、プラチナなど)などなど・・・

しかし、ここでは具体的に株式の投資信託について説明していきます。

株式投資信託の種類

用意されている株式の投資信託は2種類あります。
「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2種類です。

インデックスファンドとは?

投資信託は、ある目標とする指標を作ります。
これをベンチマークと呼びます。
インデックスファンドとは、このベンチマークと同等の動きを目指す運用をします。

インデックスファンドの特徴として運用に必要な手数料である「信託報酬」が安いです。
だって、そうですよね?
例えば、TOPIXをベンチマークとした場合に同等の動きを目指すなら、TOPIXと同じ商品を組み入れれば同じ動きになりますから。
(正確には、そこまでシンプルではありませんが・・・)

また、ベンチマークと同様に動くため、ベンチマークが下がった場合にはファンドも下がることになります。

アクティブファンドとは?

インデックスファンドはベンチマークと同等の動きを目指していたのに対し、アクティブファンドはベンチマークを上回る運用を目指します。

つまり、ベンチマークが下がってもファンドはなんとか利益を出そうと努力をします。
よって運用に必要な手数料である信託報酬がインデックスファンドに比べて高いです。

そりゃそうです、ベンチマークに勝とうと必死に運用しているわけですから。

また、全部がそうではありませんが、アクティブファンドでは解約時に「信託財産留保額」といういわゆる解約手数料が発生する商品があります。
一生懸命、利益を出そうとしているから手数料が高いと思ってもいいですね。

どっちがいいの?

さて、上記の説明でどちらがいいと思われましたか?
運用をしたことない方はアクティブファンドの方がいい!!と思われたのではないでしょうか。

だって
運用って『安い時に買って高い時に売る』もんでしょ!
下がっている時に何もせずに下がるより、上がる方がいいのに決まっている!!

という感覚でしょうか。
間違っていません。それができているであれば、アクティブファンドは非常に優れた商品です。

しかし、残念なことにそうではないのです。

多くのアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない・・・

えっ?って感じですが、事実多くのアクティブファンドはインデックスファンドに勝つことはできません。
インデックスファンドは簡単に言うと、市場の流れに身を任せています。
上がる時は、大きく上がるし、上がる時は大きく下がります。

反対にアクティブファンドは市場に常に勝とうとしています。
この市場に勝とうとしていることは非常に難しいんです。
しかも、1年だけなら勝てたとしても、ずっと勝ち続けるなんて至難の技です。

この差は運用期間が長くなればなるほど顕著に現れます。
これらは過去に幾度となく検証されています。
以下の書籍は非常に有名です。

勝てるアクティブファンドもある

ここで一つ言っておきたいのは、決してインデックスファンドが優れているというわけではないということです。
もちろんベンチマークに勝つアクティブファンドも存在します。
しかし、そのファンドが永続的に勝ち続ける保証もありません。
また、これからアクティブファンドを選択する際に勝てるアクティブファンドを見つけることは、これまた至難の技です。

よって、インデックスファンドを選択するというのは「安パイ」と言えます。
ちなみにインデックスファンドをほったらかしにしておいても、年率5%くらいの運用は十分に可能です。

年率10%や20%で運用し続けたい人には不向きですね。
ただ、それなら投資信託ではなく個別銘柄でいいと思いますが・・・

まとめ

運用をしていく上でコストを意識することは非常に大切です。
コストを意識すれば、保険でお金を貯めるといった場合にどれだけがコストとして引かれているかも理解することができます。
また、自分がどのように運用していきたいかを考えて、ベストな選択をすることが大切です。

インデックスで長期運用する投資家は、日々のニュースに怯える必要はありません。
自分の大切な毎日を有効に使えて、一年に一回ほどのチェックで済むと思えば、これほどサラリーマンに適した運用方法はないと個人的には思います。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)