幼稚園から大学までの学費まとめ。学年ごとの費用も把握しよう!

幼稚園から大学までの学費まとめ。学年ごとの費用も把握しよう!

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

先日、学費の準備をする上で必要な金額を知りたいというご質問があったので、今回は中学校から大学まで私立と公立でどれくらいの学費の差があるのか、どれくらい必要なのかを一緒に確認していきましょう。

積立をする上で目的となる金額は知っておこう

多くの人は、子供が生まれたら学資保険を検討すると思い、どれくらい必要なのかも知らずに保険ショップに行って学資保険を契約しますが、やはり自分でもどれくらいの金額が必要になるのかは知っておくべきです。

では、実際に学年ごとにどれくらいの費用が必要なのかを見ていきましょう。

幼稚園

 区分 公立 私立
幼稚園 3歳 180,287円 491,468円
幼稚園 4歳 200,453円 478,151円
幼稚園 5歳 254,141円 523,204円
幼稚園 合計 634,881円 1,021,923円

出典 文部科学省 平成26年度子供の学習費調査

幼稚園では、公立私立問わず費用の多くを授業料などの学校教育費が占めていました。

小学校

 区分 公立 私立
小学校 1年生 356,808円 1,863,085円
小学校 2年生 243,844円 1,311,904円
小学校 3年生 277,179円 1,348,494円
小学校 4年生 304,024円 1,468,111円
小学校 5年生 327,089円 1,558,676円
小学校 6年生 415,439円 1,665,075円
小学校 合計 1,924,383円 9,215,345円

出典 文部科学省 平成26年度子供の学習費調査

公立は授業料負担がないため、学校教育費は少なく、多くが学校外活動費が占めていました。
学校外活動費には、習い事などの費用が入ってきます。

反対に私立は授業料が全体の57%を占めています。
かといって学校外活動費も少なくなく全体に費用負担が多いですね。

中学校

 区分 公立 私立
中学校 1年生 461,999円 1,620,356円
中学校 2年生 406,587円 1,152,483円
中学校 3年生 576,238円 1,244,464円
中学校 合計 1,444,824円 4,017,303円

出典 文部科学省 平成26年度子供の学習費調査

中学校も小学校と同じく、公立は学校教育費は少なく学校外活動費が多くを占めており、私立は学校教育費が多くなっています。

しかし、驚いたことに公立私立ともに学校外活動費は年間30万円ほどとなっています。
公立では全体の65.3%、私立では23.3%と比率で見れば大きな差があります。
私立中学校に通っている子は塾などにあまり行かず、公立に通っている子は塾の費用が多く必要になっているということでしょうか?

とはいえ、全体で見ればやはり私立中学校の方が260万円ほどの負担増となっています。

高校

 区分 公立 私立
高校 1年生 488,134円 1,178,991円
高校 2年生 392,965円 939,161円
高校 3年生 345,724円 855,640円
高校 合計 1,226,823円 2,973,792円

出典 文部科学省 平成26年度子供の学習費調査

高校は小中学校と比べると公立私立の差は大きくなく、その差のほとんどが学校教育費となっています。

大学

 区分 国立 文系 理系
大学 1年 817,800円 1,146,819円 1,501,233円
大学 2年 535,800円 904,240円 1,238,797円
大学 3年 535,800円 904,240円 1,238,797円
大学 4年 535,800円 904,240円 1,238,797円
大学 合計 2,425,200円 3,859,539円 5,217,624円

出典 文部科学省 私立大学等の平成26年度入学者に係る学生納付金等調査結果
文部科学省 国公私立大学の授業料等の推移

大学はあまり統計のデータは参考にならないのですが、国立、文系、理系の3つを比較してみました。

また、私立大学の学費が少し少ないとも感じます。
多くの文系大学は400万円強ほど必要ですし、理系大学では600万円前後の大学も少なくありません。
ここは統計データの仕方ない部分なのかもしれません。

まとめ

統計データというのは実際の数字とは合わない部分は少なくありません。
しかし、全体像をつかむためには非常に便利です。

ぜひ、参考にしていただき、学費の準備に役立てていただければと思います。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました