結婚を機に保険を考える必要はない

結婚を機に保険を考える必要はない

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

先日、『結婚をすることになり、これを機に保険の見直しをしようと思うのですが・・・』というご相談をいただいたのですが、結論から言うと結婚を機に保険を考える必要はないと回答をしました。

結婚を機に・・・と言うと、もっともらしく聞こえますが、なぜ結婚を機に考える必要はないのでしょうか?

結婚しても保険を考える前提条件はそれほど変わらない

独身時代の保障を確認しよう

まず、独身時点の保険を考えていくと必要な保険は自分の保険は300万円程度の死亡保険と日額5000円くらいの医療保険くらいでしょう。

死亡保険とは自分が亡くなった時に自分の収入で生活している人が困るから用意するものです。
両親や親族を扶養しているなどのケースを除けば、ほとんどの独身の人は自分の収入が減ることで困る人はいないでしょう。

そうであれば、死亡保険に入る理由は自分の葬式代として300万円くらいを用意しておくくらいです。
もちろん保険でなくても貯蓄として300万円ほどあれば保険は不要です。

医療保険についても、日額5000円くらいの医療保険に入れば問題ないでしょう。
この金額の目安については2年分の生活費があれば、医療保険は不要になる?をお読みください。

将来、貯蓄で対応するつもりであれば更新型の掛け捨ての安いタイプで十分です。
老後も保障が欲しいのであれば、終身タイプの医療保険を選んでおけばOKです。

では、このように独身時代には独身に適した保険に加入していたとして結婚したら必要な保障は増えるのでしょうか?

大人が二人で生活しているだけ

結婚をして子供を妊娠していないのであれば、極端な言い方をすれば今まで別生計で生活していた二人が一緒に生活をしていくだけですよね。

もし、この状態でどちらかが亡くなった場合の相手の経済的なダメージを考えてみましょう。

①相手がフルタイムで働いている

まず相手がフルタイムで働いていた場合、正社員もしくは契約社員でもいいですが、収入があって自分の生活費くらいは自分で稼ぐことができる人であれば、相手が亡くなったとしても自分の収入があれば生活はできるわけですから、保険で生活費相当を残す必要はありません。

つまり、独身時代と同様に葬儀代くらいのみ用意しておけばいいですね。

②相手がアルバイトの収入である

もし、相手がアルバイトの収入であればどうでしょうか?
アルバイトの収入の金額にもよりますが、一人暮らしできるくらいの収入があり、結婚する前に一人暮らしをしていたのであれば基本的には①と同じように考えていいと思います。

また、アルバイト収入が少なく、結婚前には実家に住んでいた人であればどうでしょうか?
ここは考え方によっては死亡保険に入っておく選択肢はあります。
しかし、相手が亡くなった場合には結婚前のようにまた実家に住むという選択肢を選ぶのであれば、死亡保険で生活費を用意する必要は無くなります。

このように考えていくと、ほとんどの場合、結婚後に保険を増額するという考え方をしなくてもいいのではないかと個人的には思います。

医療保険については、結婚したから医療費が多く必要になることはないですから、検討する必要すらありません。

結婚を機に・・・と言うと、それっぽく聞こえますが、実際に何かを機にするのであれば、それは子供が生まれた時です。

子供が生まれれば子供が独立するまでの生活費を用意しておかなければいけませんし、教育費相当も用意しておきたいので、貯蓄で用意することが難しくなるため、保険の出番がやってきます。

それまでは保険ではなく将来のために貯金をしておく方が夫婦にとって素敵なお金の使い方ではないでしょうか?

確かに保険を用意しておけば万が一の時は多くの保険金がある方が遺族は嬉しいでしょうが、そのために(例えば)月3000円の保険料を払うのであれば、そのお金を1年間貯めて国内旅行にでも行く方が奥さんは喜んでくれるのでは?と思います。

自分のお金なので自由に使えますが、生きたお金の使い方という観点も忘れないでくださいね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)