保険は感情論ではなく本質で考えるべきだ<死亡保険編>

保険は感情論ではなく本質で考えるべきだ<死亡保険編>

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

僕は、これまで保険の見直しの相談を数多く受けているのですが、保険は考えれば考えるほど難しいものだなぁと思っています。

保険を難しくしているのは間違いなく感情論であり、感情論が入りすぎるあまり本質を見失っているからだと思います。
では保険の本質とは何でしょうか?
今回は保険の本質について一緒に考えていきましょう。

保険の本質は何かわかりますか?

日本人は保険が大好きなのでとりあえず保険に入る人が非常に多いのですが、そもそもなぜ保険に入るのでしょうか?
あなたが保険に入っているのであれば、しっかりと理由が言えますか?

死亡保険なら亡くなった時、医療保険なら病気した時にお金に困るから保険に入るのですよね。
ここだけは意見の相違が発生しない保険の本質です。
要は不幸な出来事があった時の被害の金銭的ダメージを回避、軽減するために保険に加入するわけです。
これは生命保険、損害保険ともに同じです。

ここからがよく議論になる部分です。
そのダメージをどう処理するのか?が手段(保険やその他)となるわけです。
では、その手段とは何があるのでしょうか?

ここであなたが十分な資産を保有し、被害による金銭的ダメージを受けたとしても全く平気だったとしましょう。
この場合、あなたは毎月の保険料を払い保険に加入するでしょうか?
おそらく多くの人は保険に加入しないと答えるでしょう。
したがって、このような場合に最適な手段は、保険に入らず貯金で対応するということです。

反対に金銭的ダメージが大きい場合には、それを補う仕組みが必要ですから保険に入る必要があるわけです。

ここまでは大丈夫でしょうか?
選択肢がこの2択だった場合、自分にとってどっちを選択するべきかを判断するためには、何がわかればよいでしょうか?

それは、金銭的ダメージの大きさです。

要は、どれだけの貯蓄があれば保険に入らず貯金で対応できるのかを知るためには金銭的ダメージの大きさがわかればいいだけです。

この金額が不明瞭なために過剰な保険に入りすぎるんですね。
では、一つずつ見ていきましょう。

死亡保険は、公的補助で足りない金額

万が一のことがあった場合には、一定の条件を満たすことで遺族年金を受け取ることができます。
しかし、遺族年金だけでは生活をしていくのに不足しますので、不足する部分の金銭的ダメージだけ考えればいいだけです。

すでに金銭的ダメージ分の貯蓄があれば、保険はいらないですし、なければ不足する分を保険で用意すればいいだけですね。

自分が遺族年金をどれだけ受け取れるのかを調べたい方は「ねんきん定期便」があれば意外と簡単に知ることができますので、一度計算してみてください。

計算方法については、超簡単!!遺族年金計算法 5分で誰でも計算できるスグレモノで具体的に書いていますので、そちらをご参照ください。

自分が受け取ることのできる遺族年金さえわかってしまえば、死亡保険の必要な金額もわかりますので、考え方は非常にシンプルです。
そういった点で言えば、火災保険と似ていますね。
火災保険は、家が燃えた場合にもう一回立て直す場合に必要な費用を保険金額にすればいいだけです。

しかし、このようにシンプルにいかないのが医療保険です。
次回は医療保険の金銭的ダメージの大きさなどを一緒に確認していきましょう。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!