退職後の資産運用はどうするべきか?60歳で終わりでいいの?

退職後の資産運用はどうするべきか?60歳で終わりでいいの?

こんにちは、井上FP事務所の井上です。

老後のために、資産運用や確定拠出年金をされている方も多いと思いますが、何歳まで運用しようとお考えですか?
先日、退職後の運用についてご相談をいただいたので、今日は退職後の運用について考えていきましょう。

資産運用はなんのためにするのか?

FPの中には「資産運用をする前に資産運用の目的を決めておきましょう」と言われる方は少なくありませんが、資産運用に明確な目的をつけることは果たして正しいのでしょうか?

個人的には、資産運用に明確な目的はつけない方がいいと思っています。
なぜかというと、目的ごとにお金の色が変わるわけでもなければ使用用途が変わるわけではないからです。

1000万円あったとして、それを家を買うお金にしようと旅行しようと同じお金であることには変わりません。
もっと言うと、目的によって運用する金融資産が変わるわけではありません。

生活防衛資金と絶対に外せないイベント費用(教育資金など)以外で運用に使えるお金は、自分のリスク許容度の範囲でリスク資産で運用しておけばいいと考えています。

その後、必要なイベント費用が増えれば、リスク資産を売却し、非リスク資産や国債など比較的安全な資産に変えればいいだけです。

そういう意味でいうと、資産運用をする目的は資産の最大化と言えます。

60歳がゴールでいいのか?

資産運用の目的を資産の最大化と考えた場合、何歳まで運用していけばいいのでしょうか?

運用しながら取り崩すのもアリ

確定拠出年金を例に挙げると、拠出は60歳までだから運用のゴールを60歳と考える人も多いのですが、考え方によっては運用しながら取り崩していくことも十分に考えられます。

むしろ、将来のインフレリスクと資産を増やすことを考えれば、多少の運用は老後でも必要と考えています。

60歳時点で2400万円の資産があっても、全額預貯金であれば資産は減る一方です。
年間120万円使えば、20年で無くなります。
さらにインフレが起これば、使えるお金はさらに減少していきます。

仮に2400万円を原資とし、2%で運用できた場合は25.5年にわたり年間120万円を受け取ることができます。

これからの時代、年金もマクロ経済スライドで2割ほど減額されていくことはわかっています。
自助努力と言われる時代では、退職後も運用をすることを考えておくべきだと思います。

[aside type=”normal”]マクロ経済スライドについては、年金の受取額が減っていく?マクロ経済スライドとは?をご覧ください[/aside]

まとめ

老後も資産運用していくことはとても大切ですが、60歳から資産運用を始めるのでは遅いです。
多くの時間を持っている間から、時間を知恵に変え、知恵を使って経験を積むことが大切ですので、早い段階から資産運用を始めるようにしてくださいね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました