終身医療保険のメリットとデメリットまとめ

終身医療保険のメリットとデメリットまとめ

近年、医療保険といえば終身医療保険が主流ですが、改めて終身医療保険のメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

終身医療保険とは?

終身医療保険とは、保険加入時から保険料が変わらず、一生涯の保障を手にいれることのできる医療保険です。

メリットは?

メリット1 保険料が変わらない

10年更新型などの医療保険では、医療費が必要になってくる老後には保険料が高く払うことができなくなるため、医療保険は終身タイプで用意するのが一般的です。

そういった点では、終身医療保険は加入時の保険料が続くため、数千円の保険料で保障を用意することができます。

メリット2 保障が一生涯

終身医療保険の特徴として、一生涯の保障を得られることが挙げられます。

今までの保険では75歳まで、80歳までと期限が定められているのが多かったのですが、平均寿命が延びている近年では一生涯保障が続く方が安心ということで終身医療保険を選ぶ方が多いです。

デメリットは?

上記のメリットは、保険会社のHPでも散々書かれていることなのでご存知の方も多いと思いますが、デメリットはあまり伝えられていないと思います。

終身医療保険のデメリットは、実はメリットで挙げたことがデメリットなのです。

デメリット1 保障が一生固定される

終身医療保険のメリットは、何と言っても保険料が上がらず保障が一生涯ということですよね。

しかし、裏を返せば保障を一生涯固定してしまうリスクを背負うことになります。

少しイメージをしてください。

30歳で終身医療保険に加入しました。
仮に80歳まで生きたとしても、あと50年間あります。

この期間に医療の進化はないでしょうか?
間違いなく、医療は進化し続けるでしょう。

自動車が自動で走り、ドローンが宅配すると言われている時代です。
50年前には信じられなかった未来です。

医療の世界では、さらに先進的な治療方法を日々研究しています。
実際に治らない病気と言われたがんは、治せる病気になってきています。

このように医療が進化することで、もしかすると将来入院することなく治療を終える可能性だって十分にありえます。

それなのに、終身医療保険は現時点の治療に合わせた保障を用意します。
終身医療保険には、このようなリスクが隠されています。

昔の保険は今の時代に合わない!?

実際に昔のがん保険は、入院給付がメインでした。
今のように診断給付金などありませんでした。

理由は、かつては入院治療が主流で長期間入院するからです。
しかし近年では、短期入院、長期通院治療が主流です。

診断給付金とは、治療に合わせて生まれた保障の形なのですね。

このように、かつてのがん保険では、がんになっても保障されにくい環境になりました。

終身医療保険には、このようなデメリットが存在します。

デメリット2 インフレに弱い

ここについては、さらっと流しますが、インフレが起きるとお金の価値が下がります。

仮に2%にインフレが起きて30年経過すると、現在の入院保障5000円も約2800円の価値しかなくなります。

今の5000円の価値のお金を将来も受け取れるかはインフレ次第で変わるということですね。

[aside type=”normal”]もっと、簡単に言うと・・・
将来物価が上がると、同じ治療を受けても今まで入院1日の費用が5000円だったのにそれ以上に必要になるため、日額5000円の保障では足りなくなるということです。[/aside]

まとめ

あなたは、メリットとデメリットのどちらが気になりますか?
もし、メリットの方が大きく感じるのであれば、終身医療保険を選ぶのがいいと思います。

デメリットの方が大きく感じるのであれば、共済などの60歳、65歳まで保障される保険を用意しながら、老後のための医療費準備としての貯蓄をする方法が適しているのかもしれません。

※共済などの年齢に応じて保険料が変わらないタイプであれば、時代にあった保険を選択しやすいメリットがあります。

日本では医療費を貯蓄で賄う考えは浸透していませんが、シンガポールなどではMSA制度と言って自分で将来の医療費のために口座に積立をすると非課税になる制度などを実施しています。

シンガポールで可能であれば、健康保険がありシンガポールより公的保険が手厚い日本で貯蓄対応ができないことはないと思います。

メリットデメリットを知って、自分が納得できる保険を選んでくださいね。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました