収入と所得の違いも丸わかり。所得税が決まる4つのステップ

収入と所得の違いも丸わかり。所得税が決まる4つのステップ

いきなりですが、皆さんは「収入」と「所得」の違いを説明できますか?

例えば、住宅ローンの審査の時は「所得」を見ますが、奨学金の世帯収入を見るときは「収入」を見ます。
このように借入によってチェックする項目が異なり、日常でもよく出てくるため知っておきたい知識です。

もし、よくわかっていない・・・という場合は、これを機にしっかりと理解しておきましょう。

なぜ収入と所得の2つがあるのか?

僕は、FPの勉強を始める前は収入と所得の違いをよくわかっていませんでした。

「なぜ、似たようなものが2つもあるんだろう?」と思っていました。

なぜ2つもあるのかというと、税金が関係しています。

一般的に「所得」とは目に見えない数字です。
これは所得税を計算するために「所得」金額を出す必要があるからなんです。

つまり、僕たちがよく目にする給料の金額は「収入」であり、「収入」から所得税を計算する流れを理解できれば、「収入」と「所得」の違いを完全に理解できるようになります。

では、具体的にサラリーマンの所得税額の計算の流れを見ていきましょう。

所得税が決まるには4つのステップがある

所得税は、大きく分けて4つのステップで計算されています。

第1ステップ

第1ステップ

第1ステップでは、「収入」から「所得」を計算します。

所得とは、さきほどもお話ししたとおり、所得税を計算するために必要な数字です。
つまり、所得税の元となる金額を計算します。

上の図にある給料(収入)とは、いわゆる額面金額と呼ばれる金額で、会社から支給された月給、ボーナス、残業手当などが含まれます。

給与所得控除とは、みなし経費と呼ばれるものです。

例えば、魚屋さんだと魚を100円で仕入れて200円で売れば、儲けは売り上げの200円から仕入費用の100円を引いた100円ですよね。

このようにお金を稼ぐためには経費が必要となります。

しかし、サラリーマンの場合は経費などは会社が出しているため、一人一人の経費を出すのはなかなか難しいですよね。
そこで、お給料の金額に合わせてみなし経費が認められています。

それが給与所得控除です。
計算式は、以下の図をご参照ください。
※平成27年度

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 15,000,000円以下 収入金額×5%+1,700,000円
15,000,000円超 2,450,000円(上限)
[aside type=”normal”]年収300万円の場合

給与所得控除は、108万円(300万円×30%+18万円)となる。
したがって、所得は182万円(300万円ー108万円)となります。[/aside]

第2ステップ

第2ステップ

第2ステップでは、先ほど計算した所得から所得控除を引いて課税所得を計算します。

所得控除とは、代表的な控除として配偶者特別控除や扶養控除、医療費控除などがあります。

ここでは、何をしているかというと・・・

さきほど計算した所得はお給料から経費を引いた金額ですよね。
しかし、その金額全てに課税してもいいのでしょうか?

奥さんや子供がいれば、養っていくための生活費が必要です。
そこに課税してしまうと生活に影響が出てしまいますよね。

そこで、「生活に必要なお金に関しては税金をかけないでおこうよ」といって、生活に関連する金額などを引いていくわけですね。

それら所得控除(所得から引くから所得控除ですね)を引いた金額が、課税所得です。

第3ステップ

第3ステップ

第3ステップでは課税所得に税率を掛けて税額を出します。

課税所得とは、その名のとおり課税する所得です。
その課税所得に対して税率を掛けて税額を出します。

この税率は課税所得の金額で決まります。
計算式は以下の図をご参照ください。
※平成27年度

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4.000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円
[aside type=”normal”]課税所得200万円の場合

200万円に税率10%を掛けると20万円になります。
そこから、控除額9.75万円を引いた10.25万円が税額となります。[/aside]

第4ステップ

第4ステップ

第4ステップでは、最後のおまけの控除を引くことができます。

おまけの控除は税額控除といい、代表的な控除として住宅ローン控除があります。

住宅ローンをして住宅購入してくれたら、税金還付するよーというのが住宅ローン控除ですよね。

なので、住宅ローン控除は控除金額がそのまま還付されるわけですね。

まとめ

ざっくりと流れにすると以下のようになります。

全体図

所得税は、この4つのステップを経て税金額が決まります。

流れとしては、イメージできたでしょうか?

この記事を最後まで読んだ方は、「収入」と「所得」の違いはもちろんのこと、「控除」についても理解ができたと思います。

一言で控除と言っても、所得控除なのか税額控除なのかで効果は全く違いますよね。

医療控除のために頑張って確定申告したのに、全然還付されなかったという経験をした方もおられるかと思いますが、それは所得控除だからですね。

税金の仕組みは複雑で分かりにくい部分もありますが、個人的には100時間かけてでも勉強するべき内容だと思っています。

[voice icon=”https://www.fpinoue.com/wp-content/uploads/2015/05/nigaoemaker.png” name=”井上FP” type=”l”]これからも生活に役立つ税金の話をしていきますので楽しみにしておいてくださいね。[/voice]
「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!