30代の資産形成について正しい考え方を教えます。知らないあなたはきっと失敗する

30代の資産形成について正しい考え方を教えます。知らないあなたはきっと失敗する
「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。
詳しいプロフィールは こちら
ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

30代になるとある程度収入が安定的に入ってきて、ただただ預金しているだけでいいのかな?とか、住宅購入とか教育資金などお金を貯めないといけなくなってくるので、資産形成とか投資について興味が出てくる年代です。

しかし、ほとんどの人が大切なことを見落としているので上手に資産形成ができなかったり、そもそもスタートすることすらできない状態になります。

この記事では、あなたが資産形成をするために重要なことをお伝えします。

この記事を読むことで何がわかる?
  • 正しい資産形成を理解できる
  • 自分が本当に投資をしないといけないかどうかがわかる
  • 目的(住宅、教育費、老後資金)に応じた資産形成方法を知ることができる
  • 積立投資の弱点がわかる

資産形成と投資はイコールではない

あなたは資産形成と聞くと、すぐに投資や運用を連想していませんか?もしそうだとしたら、それは間違いです。資産形成の方法は投資に限ったことではありません。

例えば、あなたが老後に3000万円のお金が必要だったとしましょう。準備できる期間は30年、毎年老後資金に回せるお金は100万円だったとしたらどうですか?

単純に100万円×30年で3000万円のお金が準備できますよね。ということは投資をすることなく老後資産を準備することができます。

資産形成とは、資産を形成することであり、投資することではありません。資産を投資するなら、それは資産運用です。

投資はあくまで手段であり、目的ではありません。目的は必要な時期に必要なお金を準備することです。預金で準備ができるなら預金も立派な資産形成の手段なんです。

絶対に目的と手段を混合してはいけません。

多くの人はここを混合しているため、正しい判断ができません。中には投資をしなくても十分に資産形成できる人ですら投資が苦手なのに投資しないといけないと思っている人がいます。

自宅から徒歩2分のスーパーに車で行かないですよね。
車で2時間の場所に歩いて行かないですよね。
手段を目的にしてしまうのが失敗の入り口です。

日本人は投資をしないといけないと思い込んでいますが、投資は手段の一つですので、目的によっては預金の方が優れていることもあります。

日本ではこんな当たり前のことですら投資教育を受けていないため浸透していないのです。せめて、あなただけは正しい資産形成の考え方を持っていてくださいね。

 

あなたは本当に投資をしないといけないのか?

では、あなたは実際に投資をしないといけないのかを考えてみましょう。
あなたの目標としている金額はいくらですか?

こうやって聞かれると意外と即答できないのではないでしょうか?

もちろん、目標もないけれども投資してみたいというのはありですよ。ただ、その場合は経験を積むというのが1番の目的になると思います。

その場合、失敗してもいい金額(1万円とか)で思い切って株(ミニ株とかなら一部の株式も1万円あれば購入できます)や投資信託にチャレンジしてください。

目標がある人は、そのお金がいつ、いくら必要なのかを考えてください。
例えば30年の退職後に備えて1000万円を準備したいとしましょう。

単純に積立をするとしたら、年約33万円(1000万円÷30年)が必要です。月にすると2.7万円です。これを貯金だけで貯められるのなら、投資は必須ではなくなります。

しかし、毎月の積立額を2.7万円も出せない、頑張っても2万円だとすると運用する必要があります。もし2万円を30年間積立投資をした場合、原資は720万円です。

これを1000万円にするためには約2.1%の利回りが必要になります。
毎月の1万円しか出せないなら、約6%の利回りが必要です。

当然、利回りを高く望む場合には高いリスクがついてきますので、そのリスクに耐えられないなら計画は成立しません。支出を見直すなりして、出せる金額を増やすなりの対策が必要です。

反対に必要な利回りが2%だったけど、自分はリスクが高くても大丈夫だ!という人は、4%とかの利回りが望める商品を選んで投資をしてください。

目標で考えている金額は最低限必要の金額を設定する人がほとんどだと思います。正直お金があって困ることはありませんので、増やせるのであれば増やしておいて使わなかったら自分の子供たちに残してあげればいいだけです。

これが絶対の正解ではありませんが、資産を形成していくための基本的な考え方です。

とりあえず手元の使わないお金がある人はどうするべきか

『目的はないけど毎月貯金だけだから、毎月貯めるお金の一部を投資をしてみたい』という方もいると思います。こういう人の場合、それが本当の余剰資金なのであれば積極的にチャレンジすることをお勧めします。

その時の判断基準は、自分が耐えられるリスクの限界に合わせてできるだけハイリターンな商品を選ぶのが良いかと思います。余剰資金で目的もないということは、最低でも何%のリターンが欲しいという基準がないので、この場合はできるだけ大きいリターンを望んで運用した方がいいです。

だから、自分のリスク許容度に合わせてできるだけハイリターンの商品を選びましょう。

 

資産形成をするなら目的を考えよう

資産形成で目的を決めておくというのは、絶対こうだ!という正解を決めるのではなく、なんとなくの方向性を決めるような感覚です。

老後が不安だからお金を貯めておこうという目標より老後が不安だから60歳までに2000万円貯める目標の方が具体性が出てきますよね。だから、資産形成していくなら目的を決めて、いつまでにいくら必要か?を考えてください。

とはいえ、知識がなければ目標とする金額の目安もわからないと思うので、多くの30代が目標とする資金目的の例を出して資産形成方法について解説をするので、あなたの目標金額の目安にしてください。

多くの30代は『住宅』『教育費』『老後』が大きな資金準備目的となります。
では、それぞれどんな資産形成をすればいいか、どんな手段(預金や株、投資信託など)が合っているかを考えてみましょう。

住宅購入資金の準備方法を考える

30s asset plan02

あなたは家を買いたいと思っていますか?

僕は将来的には大阪ではなく奥さんの故郷である高知に住みたいと思っています。また住む家は、ボロボロの古民家とかを買ってリノベーションしようと考えています。いつになるかは仕事の状態によるので難しいですが、10年以内には購入できればいいなと思ってます。

目標とする金額は、僕が自営業ということもあり借り入れが難しい可能性があるので、1000万円程度は準備しておきたいところです。

ということは、年100万円の積立が必要となります。現時点では、月10万円の積立ができているので何も問題なければ10年後には運用していなくても1200万円が準備できる予定です。

実際には運用している部分もあるので、さらに上乗せされる可能性はあります。

目標とか計画というと難しく聞こえますけど、こんなざっくりとした目標でもいいんですよ。僕は一生賃貸でもいいと思っているので、最悪住宅資金から老後資金にスライドする可能性もあるなと思ってますし。

では、あなたの話に戻しましょう。あなたはいつ家を買いたいと考えてますか?目標とする金額はどれくらいですか?

金額は物件価格の1〜2割程度が一つの目安です。物件を買う際には銀行に支払う手数料などの諸費用が必要になりますが、だいたい物件価格の5%〜8%くらいですので、諸費用としては1割くらいが必要になります。この部分くらいは用意しておきたいところです。

次にいつか?ですが、家を買いたいと思っている人はだいたい5年以内に買いたいと考えている人が多いです。

では、一つの例として300万円を5年以内に用意すると考えましょう。 1年60万円積立が必要です。月5万円です。

もし、毎月4万円しか積立ができないのであれば運用することも選択肢になりますが、積立投資の期間が短い場合は運用することはお勧めしません。

積立投資の苦手な部分

積立投資が短期間運用に向いていない理由はシミュレーションの結果を見ればわかります。

毎月4万円の積立をして5年後に300万円にするために必要な利回りは8.5%です。毎月1万円の積立額が減るだけで現実的ではない利回りがないと目標額を達成できなくなります。

これはなぜか?

積立投資の効果が出てくるのは、運用資金が貯まってからだからです。

1万円の2%は2000円です。1000万円の2%は20万円です。当たり前ですが、同じ利回りでも運用資金が多い方がお金は多く増えます。

運用の効果を多く受けるためにはある程度の資金が必要になります。しかし、親の遺産があるとかでない限り、ほとんどの人は資産をゼロから作っていかないといけません。

その資金を作っていくために、まとまった資金を少しでも早く準備することができるのが積立投資なんです。

このように積立投資の特性上、運用期間の短い場合には多くの運用効果は見込めません。また株式などを利用して運用をする場合にはリスクも伴いますので、運用結果によっては元本割れする可能性もあるので、確実に準備したいなら預金などを利用する方がいいでしょう。

結果元本割れしてもその分住宅ローンすればいいんだよ!と思っている人は、全然運用してください笑
投資は自己責任なので、尻拭いも自分でするなら僕は止めませんよ。

 

教育資金の準備方法を考える

30s asset plan03

次は教育資金です。ほとんどの人は大学費用に向けて資金準備を始めます。生まれたタイミングから数えれば17年ですね。

先ほどの住宅資金と違って期間は10年以上あるので運用も選択肢に入ってきます。ただし、教育費という資金は『運用で失敗したから大学進学諦めてね』とはいかないので、全てリスク資産で準備するのではなく安全確実に準備できる手段と組み合わせて準備をしましょう。

現時点で大学に必要な学費は文系なら450万円くらい、理系なら600万円くらいが相場です。全額親が準備するような時代でもなくなってきたので、一部は奨学金を利用して親と子で協力し合うことも踏まえて資金計画するのも一つです。

ただし、大学の学費の全部を奨学金で賄うことはできず、入学金などの大学に入る前に必要な費用は奨学金を使うことはできません。

その金額は文系なら100万円弱、理系なら150万円前後です。受験費用も考えて200万円程度は奨学金では対応できない親が払うべき部分と考えるといいでしょう。

この部分は絶対に用意しておかないと大学進学ができないので、この部分は安全確実に貯めることをお勧めします。選択肢としては、学資保険とか定期預金とか変動10年(個人向け国債)があります。

残り部分は投資信託などで運用してもいいと思います。ただし、当然元本割れの可能性もあるので必要な金額が不足する場合には、最悪自分が教育ローンを借りるのか子供が奨学金を多く借りるという可能性があることを忘れてはいけません。

個人的には最悪の場合を想定して、少しリスクを抑えた投資方法をお勧めします。

では、最後にシミュレーションしてみましょう。目標とする金額は400万円、期間は17年、確実に貯めるのは200万円、運用するのは200万円としましょう。

まず確実に貯める部分は年間11.7万円(200万円÷17年)です。月1万円ほどですね。

次に運用する部分ですが運用をしなくても月1万円の積立ができれば問題ありません。さきほどの確実に貯める金額と合わせて月2万円、年24万円を17年貯めれば408万円です。

もし、確実に貯める1万円とは別に月5000円しか積立ができないのであれば、どれくらいの利回りが必要なのでしょうか?

この場合、7.2%が必要です。ちょっと厳しそうですね。ここを基準に7.2%は無理なら家計見直しをして積立額を増やすのか、目標額を見直すのかを考えて現実的なラインに落とし込んでいきましょう。

ちなみに、8000円を積立できれば2.3%の利回りで17年後に200万円用意できます。

 

老後資金の準備方法を考える

30s asset plan01

最後に老後資金です。ここは今の時代なら誰もが目的とする資金ですね。ここは積極的な運用をするべきです。

必要な時期は退職後なので、65歳とかですね。ここは誰でもすぐにわかると思います。ただほとんどの人がわからないのは必要な金額です。

参考となる数字を今からお伝えするので、それを参考に自分はどれくらい必要なのかを計算してみてください。

老後の主な収入源は年金です。ここが不足する場合、その部分を準備しておかなければいけません。

将来自分が受け取れる年金金額は見込み額であれば、ねんきんネットに登録することで知ることができます。

ねんきんネット

もし、統計値で知りたいのであれば日本年金機構の主要統計を使ってみましょう。
もし、ずっとサラリーマンの夫とずっと専業主婦の夫婦の場合であれば夫は147,861円(厚生年金)、妻は54,776円(基礎年金)となっています。
合計すると約20万円です。

参照データ 日本年金機構の主要統計(82) PDF

つまり、あなたが20万円で生活できなければ不足する金額が生きた期間分だけ足りないということです。

65歳からの資金を準備するとして100歳まで生きた場合、35年です。仮に毎月5万円が不足する場合は年60万円不足し、35年間で合計すると2100万円となります。

単に老後の不足する生活費だけを準備したいのなら、2100万円を残り期間で積み立てる、不足するなら運用するということになります。

計算の流れは今までと同じです。老後の資金を目的にした運用であれば、利用するのは確定拠出年金か2018年から導入される『つみたてNISA』を利用するのがいいですね。

確定拠出年金の運用については、こちらをご覧ください
【完全保存版】初心者が確定拠出年金を理解して運用できるまでの10ステップ
2018年導入予定の『つみたてNISA』が気になる人は、こちらをご覧ください
積立型NISAはどんな制度?NISAとiDeCo(イデコ)との違いも説明します

 

何事も計画が大切

計画を立てるということは大切です。世の中の会社で計画を立てずにビジネスをやっている会社はありません。それくらい計画を立てるということは大切なことです。

計画なんて立ててもその通りにいかないんだから計画に意味がないという人もいます。でも、計画なんてうまくいかなくてもいいんですよ。計画とは目的に絶対到達するためにあるのではなく、目的に限りなく近くするためにあるんです。

鉛筆で線を引くときに、どれだけまっすぐ線を引きたいと思っても、ブレたりするし、まっすぐ書くことはできません。でも、まっすぐ線を引こうと思っていない時より絶対にまっすぐな線を引くことができます。

計画も同じようなものです。資産形成をしたいのなら自分の現状から目をそらさず、まずは計画を立ててみることをお勧めします。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました

確定拠出年金の本はたくさん出版されていますが、
そのどれもが具体的ではありません。

なので、僕が確定拠出年金の運用をするための
具体的な手順を冊子にまとめました。

そのボリューム70ページ以上です。
ボリューム満点のE-BOOKになりました。

確定拠出年金の運用ができずに悩んでいるなら、
すぐにダウンロードしてください。

今なら、ここではお伝えできない特典もついています!

詳しくは、E-BOOK最後あたりを見てください。

僕の確定拠出年金のノウハウを全て、しかも無料で配布することにしました
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)