年収1000万円でもお金に困る理由

年収1000万円でもお金に困る理由

僕は今まで数百人のご相談をお聞きしてきました。
母子家庭の方から年収1000万円を超える一部上場企業でお勤めの方など様々な方のご相談です。
そこで知ったのは、年収1000万円もある方の多くがお金に困っているという事実でした。

年収1000万円でもお金に困る理由

 

年収がいくらあれば、裕福だと思いますか?

人はよく、もっと給料がよければ・・・なんてことを思いますが、ご自身だったら年収がどれだけあれば裕福だと感じ、お金に困らない生活ができると思いますか?
僕は、ずっと年収1000万円あれば服を買うときに値札を見ないで買ったり、人が憧れる大きい家に住めると思っていました。
多くの人も年収1000万円が一つのラインとして裕福ができる年収だと考えると思います。
実際、年収1000万円あれば値札を見ないで服も買えるだろうし、大きな家にも住めると思います。
ただ、それだけ収入があっても多くの方から老後の準備ができていない、などのご相談をお受けします。
中には教育費の準備ができないから教育ローンを使う方もおられます。
なぜ、このようなことになるのでしょうか?

お金を「使う力」がないから

その理由はシンプルで「稼ぐ力」はあるけれど「使う力」は、なかったということです。
数多くのご相談を受ける上で自分の中で「お金持ち」の定義ができました。
それはお金を「稼ぐ力」があり、お金を上手に「使う力」がある人がお金持ちです。
もっといえば、収入は少なくともお金を「使う力」が高い人は豊かであり、
収入は多くともお金を「使う力」が低い人は貧しいと個人的には感じています。

簡単に言うと、お金に振り回されている間は裕福とは言えないということです。
今日はお金を「使う力」の大切さをお話しします。

支出を知る

お金を「使う力」の低い人の特徴として、支出を把握していない人が多いです。
自分の使うお金を把握できていないようでは、いつまでたってもお金に振り回されます。
支出を把握する上で、FPとして心がけている事、重要なポイントをお伝えします。

 

レシートを必ずもらうこと!!

素晴らしいFPは、必ずレシートをもらいます。
レシートは必ずもらうようにしてください。
なぜ、レシートをもらうのか?
レシートとは支出の記録です。これらを元に家計簿などをつけていきます。つまり、支出を知る上でスタートラインだということですね。
また、不思議なことにレシートを必ずもらうことにより浪費が減ります。
これは、後ほど「レシートを仕分けする」で詳しく説明しますが、レシートを仕分けする手間を増やしたくなくなるため、無駄なレシートを減らすため浪費が減ります。

 

家計簿をつける!!

支出を知る上での基本ですね。
やはり家計簿をつけることで「何に」「いくら」使っているのかがわかります。
ダイエットでも、レコーディングダイエットと呼ばれる食べた食事の記録つけることで痩せるというものがあるくらいです。
家計をスリムにしたければ、家計簿は必須です。
最近では、レシートを撮るだけで家計簿ができるアプリがあるので、昔に比べるとハードルは低くなっているはずです。

しかし、家計簿によるダイエットは効果がある人とない人がいます。
効果のない方の多くは、つけることのみが習慣化している可能性があります。
そんな人は、次のことを試してください。

 

支出を仕分けする!!

支出を大きく3つに分類してください。

3つとは・・・

  1. 消費
  2. 浪費
  3. 投資

生活に必要な支出であれば「消費」
生活に絶対に必要なものでなく払った対価を得られない支出や無駄遣いは「浪費」
生活に絶対に必要ではないが、習い事やセミナーなどの自分への投資、将来への積み立て、もしくは運用などの投資は「投資」

もちろん、「浪費」を減らし「投資」を増やす事が重要です。
ここは自分に厳しく仕分けをする必要があります!!
特に自分へのご褒美が好きな方!それは「浪費」です!笑
もちろん、「浪費」がないと息が詰まりますから、「浪費」が多すぎる場合は減らさないといけませんね。

個人的には・・・

  1. 消費 7割
  2. 浪費 1割
  3. 投資 2割

くらいがいいのではないでしょうか?
手取り30万円あれば、浪費が3万円ですから条件的にはこのあたりでしょう。

実際に僕も収入の2割は必ず自分のために使うようにしています。
この「投資」が自分の「稼ぐ力」を育てますので、好循環となるわけですね。

この仕分けはなかなか手間です。
しかし、習慣化していくとお金を使う前に
「あっ、これは浪費だな」と気付けるようになります。
するとレシートももらうのも億劫になり、浪費が少なくなります。
嘘だと思われるのですが、実際に始めるとよくわかります。

基本は上記3点ですが、「使う力」が低い方に多いのですがクレジットカードを多用しているケースです。

 

クレジットカードは、なるべく使わない!!

クレジットカードを使うことで引き落としが来月となるため、1ヶ月のお金の流れがわかりにくくなります。
ポイントを大切にされる方がおられますが、「使う力」をしっかりつける方がポイントなんかより大きいです。
どうしても現金払いができない場合は、デビットカードなどを使うようにしてください。

デビットカードとは・・・使った瞬間、口座からお金が引き落とされるカードです。
最近ではvisaなどのクレジットカード同様に使えるものが増えてきています。
スルガ銀行だと年会費も無料ですね。

以上が支出を知る上でのポイントとなります。

お金を使う感覚は重要!!

少し脱線しますが、財布からお金を支払うというのは、脳科学的にも重要だそうです。
お金を使うということは、脳にとって快楽となります。
しかし、クレジットや電子マネーの普及でお金を使う感覚が無くなっているのは、よくないと個人的には思っています。

実際に、最近の子供は親からおこずかいを現金ではなく電子マネーで渡されている子が多く、お金を使うという教育がされていないため、お金の使い方を知らない子供が増え、社会問題になりつつあります。
大人になっても、お金の使い方は、子供の頃のおこずかいをやりくりしていた頃と何一つ変わりません。
金額が大きくなっただけです。
身の丈にあった使い方を知り、自分の給料(おこずかい)に見合った物を買うことが大切です。

知っていることで防げる「浪費」

今の時代、特にこれからの時代は情報を上手に使うことが、お金に振り回されない秘訣だと思います。
「知らない」ことはすごく損なことです。
反対に知っているだけで多くのことを得することができます。
そんな「知識」をこのブログを読んでいる方をつけていただければと考えています。
4月からは、テーマを決めて週に1回コラムを書こうと考えています。
難しいことは書きません。
でも、知りたいことを簡単に理解できるようなコラムにしたいと思っていますので、ぜひお読みいただければ幸いです。

「元役者」という異例の経歴をもつファイナンシャルプランナー。
現在は役者時代に培った経験を生かし、講師業を中心に活動。200人以上の確定拠出年金の運用相談の実績がある。

詳しいプロフィールは こちら

ブログの更新情報は各種SNSでチェックできます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)